モト・グッツィ・ロゴ

    モトグッツィは伝説的なオートバイメーカーです。これは、1921年に船主のジョルジョパロディ、弟のアンジェロ、メカニックのカルログッツィの相続人によって作成されたソシエタアノニマモトグッツィに基づいて作成されました。 1946年、ブランド変更後、会社名はMoto GuzziSpAに変更されました。現在、ピアジオとCSpAが所有しており、本社は100年前と同様に、マンデッロデルラリオにあります。

    意味と歴史

    第一次世界大戦中、2人のパイロットとその整備士は興味深いアイデアを思いつきました。彼らはチームを組んでオートバイ会社を設立することを決心しました。そのうちの1人(オートバイレーサーのジョヴァンニラヴェリ)が車両のテストと宣伝を行い、2人目(ジョルジョパロディ)が企業に資金を提供し、3人目(カルログッツィ)が製造プロセスを担当することが計画されました。しかし、ラヴェッリは戦闘の最後の数日間に飛行機墜落事故で亡くなりました。そのため、社会的地位の違いにもかかわらず、緊密になった不可分の三位一体は、オートバイレーサーなしで残されました。彼を偲んで、モト・グッツィはワシのロゴを使用しています。

    1921 〜 1924

    モーターサイクルの最初の実験モデルは1921年に発売されました。そのタンクには、「GP」と刻印されたダイヤモンド形のエンブレムが飾られていました。これらは、CarloGuzziとGiorgioParodiという名前の頭文字でした。

    1924年 – 1957年

    会社の所有者は、イニシャルのジョルジョ・パロディとの混同を避けるために、オートバイに「GP」という名前を付けないことに決めました。ジョルジオ自身がこれを主張した。彼はまた、グッツィの名前のフルバージョンを使用することを提案しました。その結果、ブランド名はモト・グッツィに改名され、新しいロゴが付けられました。名前は、以前と同様に、黒いサンセリフ文字で構成されていました。誇らしげなワシが碑文の上に翼を広げました。これは、亡くなったパイロットのジョヴァンニラヴェッリの記憶へのオマージュです。

    1957年 – 1958年

    1957年、「モト・グッツィ」というフレーズが長方形の歯を持つ歯車に移されました。最初の単語は上部にあり、2番目の単語は下部にありました。ワシが中央に移動しました。

    1958 – 1976

    1958年に登場したエンブレムは、その特徴的な細長い形状から、デルガンバルンガというニックネームが付けられました。鳥とレタリングは保持されていましたが、ワシは細長い黒の帯に変わり、会社名は右下隅に表示されました。シンボルはファシズムに関連していると噂されていましたが、実際にはそれは単に悪いデザインでした。

    1976 – 1994

    別の再設計の後、ワシはより明確な形になりました。文字が大きくなり、文字間隔がはるかに小さくなりました。 1994年まで、ロゴは白が主流でしたが、黒は輪郭にのみ使用されていました。

    1994 – 2007

    1994年、デザイナーは鳥の詳細を描き、羽、脚、頭を詳細に描写しました。文字間の距離が長くなり、碑文が読みやすくなりました。すべての要素はそのまま残りましたが、黄色に塗り直され、黄色の境界線が付いた赤い楕円の中に配置されました。

    2007 – 現在

    グラフィックエージェンシーのMetalliLindbergは、白黒バージョンを復活させ、楕円形の境界線を削除しました。

    ワシは、会社の共同創設者の1人であるはずだった軍のパイロットジョヴァンニラヴェッリへのオマージュです。さらに、誇り高き鳥は自由を象徴し、モトグッツィのオートバイに関連付けられています。これは、モデルの名前が飛行のトピックに何らかの形で触れているためです:コンドル、アイローネ、アストア、ファルコーネ。

    エンブレムのフォントと色

    明らかに、大胆なサンセリフはロゴのために特別に作成されました。 Bernhard Fashion BTと漠然と似ています(文字「G」を除く)。フォントはGothamBold、Futura Bold、またはGill Sans Boldに似ていますが、一致は正確ではありません。同様の大文字の「M」は、NeutraFaceフォントとVerlagフォントに表示されます。

    メインパレットには、黒と白の2色しかありません。 1921年以来モトグッツィを特徴づけてきたクラシックなデザインです。