Minecraftロゴ

    Minecraftロゴ

    Minecraftは、2009年5月10日にMarkus Perssonによって開発され、Mojang ABによってリリースされたコンピューターゲームです。立方体からなる三次元の世界が特徴です。シンプルなゲームプレイですが、複雑な論理回路を作成できます。

    意味と歴史

    Minecraftロゴの進化

    2009年5月10日から5月15日まで、ビデオゲームはCave Gameと呼ばれ、そのロゴに反映されました。その後、著者は「頭脳」の名前を変更し、同時に、ブランド名をより適切な名前に変更することを決定しました。

    ドックの愛称で呼ばれるヘイデンスコットバロンは、最初のバージョンを提案しました。当時のプロのイラストレーターは、マーカスパーソンと一緒にゲームデザイナーとして働いていました。しかし、彼のバージョンはすぐに却下されました。MojangABの所有者は、丸みを帯びたギャロッピング文字が付いた4色のMinecraftの看板が好きではありませんでした。したがって、ドックはチームを去り、マーカス自身がモダンなロゴのプロトタイプを思い付きました。

    2009 – 2011

    Minecraftロゴ2009-2011

    2009年5月15日、グラフィックが特徴的なロゴが登場。 「Minecraft」という言葉には、ゲームの世界で建築材料として使用されている灰色の敷石が並んでいます。文字は個別の正方形のセグメントで構成されており、テクスチャが不均一です。碑文は水平面にわずかな角度で配置されています。黒い影のため、空間にぶら下がっているようです。

    2011 – 2015

    Minecraftロゴ2011-2015

    MineConでゲームを開始するとき、Mojang ABは2つ目のブランド名を作成しました。ベータ1.4で導入されました。このオプションは、前のオプションと大差ありません。デザイナーは影を取り除きましたが、内側の端に黒い色を残しました。また、立体感を高め、文字を短く太くしました。

    別の変更がテクスチャに影響しました。今では、単語は正方形の敷石で裏打ちされていませんが、四方を亀裂で覆われているいくつかの石畳から彫られています。また、「A」という文字のスタイルも注目に値します。その中には、最も有名なMinecraftのモンスター、クリーパーの顔があります。マーカスパーソンは、ブタを作ろうとしたときに偶然この生物を作成しました。

    また、現在のエンブレムにはいくつかの追加バージョンがありました。これらは、Java EditionおよびBedrock Edition用に特別に開発されました。すべてのオプションは細かい点で異なりました。

    2012 – 現在

    Minecraftロゴ2012-now

    2012年、デザイナーはアートスタイルを近代化し、ロゴをより「ピクセル化」しました。これを行うために、彼らはエッジを水平にし、大胆な黒い輪郭で単語のすべての部分を囲み、亀裂をぼかしました。他には何も変更されていません。色、形、比率は同じままです。有名なクリーパーは、以前と同様、「A」の文字で不滅にされます。

    当初、このロゴは、Xbox 360エディションでのみ、元のグラフィックサインのサイドバージョンとして使用されていました。これは、2015年にのみ主なものになりました。これは、MicrosoftがMinecraftと一緒にMojang ABを購入した後に起こりました。

    Minecraftエンブレム