ミラーロゴ

    ミラーのロゴ

    Miller Brewing Companyは、米国とカナダのMolson Coorsの子会社であり、2016年に買収された後、北米で最大のビール生産者となり、世界で3番目に大きな醸造所になりました。そして、無駄ではありません。なぜなら、彼女は、とりわけMillerGenuineDraftを含むブランドのパッケージ全体を手に入れたからです。真っ赤な太陽を背景に舞い上がる鷲の形をしたエンブレムを所有しているのはこのブランドです。

    意味と歴史

    ロゴ・ミラー

    MGDは黄金色のラガーです。低温殺菌されていないため生ビールに似ています。製造過程で特殊な技術が使用され、ホップの苦味のない軽い味を得るために4回の冷ろ過が行われます。アロマにはハーブ、コーン、グレイン、モルトのノートがあります。この飲料は、その特性でいくつかの賞を受賞していますが、米国での市場シェアの低下からわかるように、最近人気が低下しています。

    Miller Genuine Draftの最初のボトルは、1985年に店頭に登場しました。元のコンセプトは、Calle&Companyの従業員の1人が思いついたものです。 Miller Brewing Companyの製品は他のビール生産者によってコピーされることが多く、単調なアルコール市場で彼女を際立たせることができるユニークなものが緊急に必要だったため、非常に便利でした。

    ブランドを明るく目立たせたいという醸造所の要望を考慮して、デザイナーは、さまざまな種類の要素で構成されるかなり複雑なロゴでラベルを装飾しました。 「ミラー」という白い言葉は自然に前面に出ており、ミラーブリューイングカンパニーのワードマークとまったく同じようにデザインされています。タイトルは手書きフォントで、少し浮き上がって先細のストライプで下線が引かれています。

    誇らしげな白頭ワシが上空に舞い上がり、その足に小麦の穂を持っています。一番下には、最初の単語と同じ角度にある斜めの碑文「GENUINDRAFT」があります。黒く塗られ、ボリュームのある明るい影を落とします。ロゴの基本は、内側に赤いシールが付いた円です。その内容は会社名でほぼ完全にカバーされているため、賞の断片、月桂樹の葉、「商標」というフレーズ、個々の文字など、いくつかの詳細のみが表示されます。

    円は、金の境界線と同じ金の碑文「SINCE1855」および「MILWAUKEE、WI、USA」が付いた黒いリングに配置されます。 1855年ミラーブリューイングカンパニーが設立されました。その時、フレデリック・エドワード・ジョン・ミラーは彼のプランク・ロード醸造所の名前を変更し、現在の名前を付けました。ミルウォーキーは、会社の本社がある都市です。リングの真下には、葉とホップコーンが混ざった小麦の束があります。

    白頭ワシはアメリカのシンボルとして知られています。それは勇気、強さ、国民の誇り、自信、自信を体現しています。これはアメリカ人の堅実な性格の現れです。ミラー本物のドラフトエンブレムのシールとして様式化された赤い太陽は、目覚めの希望を表しています。また、ブランドビールの一部であり、独特の味を形成するハーブやシリアルの成長は、それに直接依存しているため、出生力にも関連しています。

    エンブレムフォントと色

    ロゴは、その象徴性だけでなく、珍しいタイポグラフィでも注目を集めています。たとえば、「ミラー」という単語のフォントは注文に応じて作成されたもので、書道の例です。他のすべての碑文は、低コントラストの太字のサンセリフで、「GENUINE DRAFT」というフレーズの文字には、視覚的なバランスのために追加された顕著な右傾斜があります。

    ブランドのクラシックな色は、赤(#e83424)、黒(#040404)、ダークゴールド(#a39161)です。その背景には、会社名と鷲の頭が白い斑点として際立っています。