ミシュランのロゴ

    ミシュランは、自動車、自転車、オートバイ、トラック用のホイールタイヤとホイールの2番目に大きなメーカーです。 1889年5月に設立され、クレルモンフェラン(フランス)の街にあります。その作成者は、ゴム工場の所有者であるエドゥアール兄弟とアンドレミシュラン兄弟です。

    意味と歴史

    その存在の長年にわたって、ブランドはそのロゴを数回変更しましたが、常にそのマスコットに忠実であり続けました。これは、さまざまなサイズのタイヤで構成されたBibendumという名前の手描きの男性です。それは、1894年にリヨンでの展示会で手が足りない男性にタイヤの山が似ていることに気づいた会社の創設者の生きた想像力のおかげで現れました。 4年後、兄弟たちは独自のロゴをデザインすることにしました。彼らはオガロップのビールのロゴをベースにして、巨人をタイヤマンに置き換え、「NuncestBibendum」というフレーズを変更しませんでした。

    1936年 – 1968年

    デビューロゴはブランドのマスコットが特徴です。彼は、ブランド名の「n」の文字の細長い脚によって形成された道路に沿ってタイヤを追いかけます。 「ミシュラン」という言葉は、横に斜めに座っています。

    1968 – 1997

    この間、開発者はロゴにブランド名を使用していたため、シンプルでミニマルであることがわかりました。厳密な幾何学的形状の文字で、幅が広く、滑らかで、大文字で、互いに最小距離で配置されています。

    1997 – 2017

    それ以来、ブランドはついにBibendumをロゴに戻し、親しみやすくしました。その隣の青い背景には「ミシュラン」の碑文があります。並行して、1997年に別のオプションが登場しました-斜めの会社名の形で。それは今日でも使用されており、グラフィックサインを調和的に補完しています。

    2017 – 現在

    現在、ブランドのマスコットが付いたエンブレムには2つのバージョンがあります。彼らは挨拶で手を振るうれしそうに笑っている小さな男を描いています。その下には「ミシュラン」という言葉があります。ある変更では黄色の線があり、別の変更では青い線があります。

    エンブレムのフォントと色

    同社のマスコットは、有名なタイヤとホイールのメーカーの世界的な「大使」の地位を獲得しました。 Bibendumは新製品を紹介し、顧客にアドバイスと支援を行います。

    何人かのデザイナーが異なる時期にロゴに取り組み、それぞれが独自の解釈を提供しました。その結果、Bibendumはビールのキャラクターから製品選択マネージャーへと進化しました。

    現在のバージョンでは、ブランド名は実線のイタリック体で、サンセリフフォントで書かれています。すべての文字は大文字です。エンブレムのカラーパレットは単調です。1997年までは白黒でしたが、その後は青が表示されていました。最近、デザイナーはライトイエローを追加しました。