マツダロゴ

    マツダロゴ

    日本の自動車ブランドマツダは世界的に有名です。今日、それは15大自動車大手の1つです。毎年150万台以上の新車が販売されており、劇的に頻繁に変更されていますが、子供たちも会社のロゴを認識しています。

    意味と歴史

    マツダロゴエボリューション

    同社は1920年に広島市郊外のフツに設立された。その創業者である、単純な漁師である松田十二郎の息子である松田十二郎は、建材工場を購入しましたが、日本の伝統的な家屋の建設用製品だけでなく、エンジニアリング機器も製造することに決めました。この間、工場では数台のオートバイが製造され、そのうちの1つは1930年に地元のレースで優勝しました。そして1931年に、マツダという最初のトラックが広島の路上に現れました。

    マツダの由来は二重の意味があります。それこそが、松田が自動車産業の知識を得たアメリカ人によって発音された名前です。そしてこれは、日本で高く評価されている、知恵と調和と光の神アフラマツダの名前です。

    1920 – 1931

    東洋工業ロゴ1920-1931

    工場がエンジニアリング機器のみを生産していた当時の最初の数年間、エンブレムは金属切削および機械部品用のフライスの様式化されたイメージでした。

    1931 – 1934

    マツダロゴ1931-1934

    その後、1931年に、白と青のセクターで知られている三角形に置き換えられ、視覚的に3つの光線で星を形成しました。会社名は、枠のみからなる透明な文字で、斜めの手書きフォントで書かれています。

    本格的な自動車工場の最初のロゴは1934年に登場しました。

    1934 – 1936

    マツダロゴ1934-1936

    車のフロントラジエーターに最初に貼られたエンブレムは会社の名前だけで、日本的な書体でエレガントな斜体斜体で書かれていました。

    1936 – 1959

    マツダロゴ1936-1959

    1936年に作成されたエンブレムは劇的に変化しました。市内の同名の川の小川のように見える広島のシンボルを基にした。設計者はこのような3本の平行線を取り、その中央でねじれが文字「M」を形成しました。これは「マツダモーター」という新しい名前を意味します。視覚的なイメージでは、このロゴは当時の航空標識に似ていました。

    1959 – 1975

    マツダロゴ1959-1975

    ロゴは再び根本的に変更されました。 1959年は会社のランドマークでした–最初のマツダ乗用車がリリースされました。エンブレムは薄い赤いフレームの白い円でした。中央にある小文字の手書きの文字「m」は、細長い側壁があり、左上、右下です。真っ赤な文字は、柔らかく落ち着いたラインと珍しい表現で注目を集めました。そして円の下に大文字でマツダの名前が置かれましたが、傾斜がありました。碑文の色は青です。

    1975 – 1991

    マツダロゴ1975-1991

    1975年、所有者はよりシンプルでより広々としたロゴに戻ることを決定しました。会社の名前だけですが、オリジナルのミニマルでスタイリッシュなフォントで作られました。それは注文によって開発され、アナログはありませんでした。このフォントは「マツダ」と呼ばれ、現在も使用されています。その特徴は、小文字の大文字、最初の「m」の小文字のスペル、白い斜めの縞模様の「z」の文字です。色はライトブルーです。

    1991 – 1992

    マツダロゴ1991-1992

    会社名に象徴的なアイコンを追加することにしました。当初、それは楕円形の中にあるひし形の形でした。

    1992 – 1997

    マツダロゴ1992-1997

    1992年には、記号の厳密な幾何学的形状が柔らかくなり、線が滑らかになりました。

    1997 – 2015

    マツダロゴ1997-2015

    この時期に、今日に関連するブランドシンボルが作成され、使用されました。菱形の記号は、英語の文字V(勝利の象徴)に置き換えられました。その垂下した翼は、楕円形の枠とともに、M(マツダの象徴)を形成しています。このアイコンは飛んでいるようで、未来が楽しみです。アイコンの色は3Dテクノロジーで作られた白のメタリックグレーで、立体的になっています。その下に青色のマツダという名前がつけられています。

    2015 – 2018

    マツダロゴ2015-2018

    ロゴに若干の変更が加えられました。アイコンは同じままで、名前が大きく、灰色になり、上部がハイライトされています。

    2018 – 現在

    マツダロゴ2018-now

    ここでも、変更はロゴの下部にある会社名にのみ影響しました。バッジのように色と3D表示が同じになり、商標がより高いレベルに引き上げられました。

    専門家は、現代のエンブレムがデザインに欠陥がなく、自動車のシンボルで最高のものの1つであると認識しています。

    マツダエンブレム