Mary Cohrロゴ

    Mary Cohrは、顔や体の化粧品だけでなく、さまざまな種類のケア製品を製造しているフランスのブランドです。最初は、国際市場に参入するまで、彼は自分のサロンとスパのチェーンに焦点を合わせていました。その創設者は、それが属する同じ名前のグループ、Guinot-MaryCohrです。

    意味と歴史

    商標には、さまざまな目的で使用されるロゴのバリエーションがいくつかありますが、公式と見なされるのは1つだけです。これは独自の独自性を備えた簡潔なサインです。心地よい緑色で強調されています。これは、親会社の作成者であるMaryCohr自身によって選択されました。

    自然さは、このロゴを見たときにわかることです。このコンセプトは、パステルカラーのグリーンによって伝えられています。エンブレムは、「Mary Cohr」(ブランド名)と「Paris」(それが配置されている都市)という2つの要素で構成されています。上の要素は大きく、大文字で実行されます。一方、下のテキストは小さく、2つの碑文の間のスペースの下の中央にあります。 「R」の文字は非常に幅の広い脚を持っています。 「A」と「M」は左側にわずかなくびれがあり、スムーズに広がります。

    エンブレムのフォントと色

    ロゴはクラシックなセリフ書体で書かれています。それらは非常にミニチュアであり、別々のストロークではありませんが、文字の自然な続きです。ロゴの色は組み合​​わせで、柔らかい緑と白で構成されています。