マーベルロゴ

    マーベルは、スーパーヒーローとホットアドベンチャーの全宇宙にまたがるアメリカのブランドです。彼が代表する映画会社はMCU(Marvel Cinematic Universe)と呼ばれ、ウォルトディズニーカンパニーに属しています。

    意味と歴史

    魔法の世界の主な基盤は、1939年に作成された同じ名前の漫画本でした。彼はスーパーヒーローの画像をデザインし、彼の印刷版-マーベルコミックのページでそれらを提示しました。そして2000年代には、映画会社が同じ名前で登場しました-マーベルスタジオ。今、漫画とそのキャラクターは映画の中で生き生きとしています。さらに、スタジオと合併会社のロゴが並行して変更されました。

    映画のロゴ

    マーベルスタジオの映画コミックのブランディングは、いくつかの小さな変更が加えられました。彼女は主に映画のクレジットに出演しました。

    2000 – 2012

    スタジオの立ち上げ後、独自のロゴがなかったため、開発者は、X-メンの最後の部分でデビューした既存のバージョンのコミックを選択しました。

    2012 – 2014

    このバージョンのロゴは、2012年の映画「アベンジャーズ」で最初に登場しました。その後、ソニーのスーパーマン映画やMCUテレビシリーズで使用されました。濃い赤の背景に白い細長い文字が書かれた碑文です。

    2018 – 現在

    このロゴは現在、コロンビアピクチャーズの映画で紹介されています。 2018年にVenomに初めて導入されました。既存のロゴは、「に関連して」という一番上の碑文を追加したばかりです。

    映画スタジオのロゴ

    同時に、四方八方を結集したマーベル・シネマティック・ユニバースのエンブレムも変化していました。 2008年以来、何年にもわたる計算が続けられています。

    2008 – 2013

    この期間は、マーベルシネマティックユニバースプロジェクトの立ち上げに関連しています。その後、ロゴに「スタジオ」という言葉が登場しました。この変種は、新しく形成されたアイアンマンスタジオの最初の映画で取り上げられ、最後に5番目のキャプテンアメリカ映画で使用されました。碑文は白で作られ、2本の細い平行線で輪郭が描かれています。

    2013 – 2016

    2013年、デザイナーはスタジオをメインロゴの外側に配置し、下部に配置しました。

    2016-現在

    現在のバージョンでは、「MarvelStudios」というフレーズが1行に順番に配置されています。単語は色と背景の種類で区切られています。このバージョンは、映画ドクターストレンジでデビューしました。

    エンブレムのフォントと色

    個人的なマークとして、MCUは雑誌が最初から持っていたのと同じロゴを使用しています。変更は、小さな指定の詳細のみに関係します。ベースマークには、赤い長方形にオリジナルの「マーベル」の文字が含まれています。

    フォントはBentonSans Extra CompBlackに近いです。その作者はCyrusHighsmithとTobiasFrere-Jonesです。マーベルのロゴは常に赤を特徴としており、白のレタリングの有益な背景として機能します。