ルーニー・テューンズロゴ

    ルーニー・テューンズロゴ

    ルーニー・テューンズは、ワーナー・ブラザースの作品の一つです。株式会社エンタテインメント 1930年に登場し、現在も制作されている短編アニメーション映画で構成されています。ルーニー・テューンズは、人気曲を題材にした相棒シリーズ「メリー・メロディーズ」とは異なり、最初からストーリー重視の作品であった。しかし、その後、カラーフィルムへの移行も手伝って、この2つのプロジェクトの境界は曖昧になった。

    意義と歴史

    ルーニー・テューンズのロゴの歴史

    初期のアニメは白黒で、ワーナー・ブラザーズが所有していた音楽を宣伝するために作られたものだった。ショートフィルムを見た視聴者が、レコードや楽譜を買い始めることを想定していたのだ。ルーニー・テューンズの最初のスターは、アニメのキャラクター「ボスコ」だった。毎回最後に「以上です、みなさん!」という名フレーズを口にしていた。そして、アニメーターが辞め、著作権者としてボスコを連れて行った。そのため、ポーキー・ピッグ(1935年デビュー)、バッグス・バニー(1940年)、トゥイーティー(1942年)、ストーカー猫のシルベスター(1945年)など、多くのキャラクターを登場させることになった。

    1970年代には、人種差別や自殺のジョーク、危険なスタント、喫煙や飲酒のシーンがアニメから排除されました。すべては、このアニメシリーズを幅広い層に普及させるためである。新しい世代の観客が新しいコンテンツを求めるようになった1987年に制作が再開された。

    ルーニー・テューンズの名前の由来は、ミュージカル・アニメーション映画「Silly Symphony」コレクション。この有名ブランドは、以前は「ルーニートゥーンズ」という名前で呼ばれていたという説が多く、どのタイミングで改名にこぎつけたのかが気になるところだ。この誤解は、実際には起こらなかったことを大勢の人が記憶する「マンデラ効果」に起因している。実際には、「Tunes」は昔から「u」と「e」で表記されている。シリーズ名を冠した数多くのロゴがそれを証明している。

    1930 – 1934

    ルーニー・テューンズのロゴマーク 1930-1934

    最初のロゴは、白黒のアニメの一部だったので、それなりに見えます。エピソードはアニメーション版を使用し、静止画はすべてクレジットから抜粋した個撮です。例えば、最後の映像では、「A LOONEY TUNE」と書かれた木製の道路標識の後ろから、ボスコが犬とともに飛び出してきた。キャラクターは両手を横に広げ、「以上、皆さん!」と名フレーズを発した。と同時に、左側にいた犬が大きな声で吠えた。

    ロゴマークは、少年が両手を頭の後ろに回し、満面の笑みを浮かべている様子を表現しています。下部には、白い大文字で「HUGH HARMAN-RUDOLF ISING SOUND CARTOON」の一文が書かれている。ボスコは、ルドルフ・イジングやヒュー・ハーマンなどのアニメーションチームの努力によって誕生した。1930年代初頭、Boskoはルーニー・テューンズの最初で唯一のキャラクターである。1933年、権利者が報酬不足を理由にワーナー・ブラザーズを退社し、スクリーンから姿を消した。こうして、ボスコとのクレジットの時代が終わった。

    1942 – 1964

    ルーニー・テューンズのロゴマーク 1942-1964

    1940年代には、初のカラー短編映画の製作を開始した。1942年から順次生産が開始され、カラフルな同心円のロゴが付けられた。デザインも多彩になった。例えば「ポーキー・ピッグ」シリーズでは、青と青のリング、真ん中が赤のバージョンが最もよく使われていた。仮設のキャラクターやダフィーダックが登場するアニメでは、同じ赤を中心に黄緑色のロゴが作られた。

    オレンジとピンクに真ん中に青い丸をつけたロゴは、漫画家フリッツ・フレレンのアニメ作品のクレジットに使われていた。そして、フレレングがバッグス・バニーを登場させる前は、リングは赤に黒のグラデーションだった。

    すべてのバリエーションに共通するのは、「LOONEY TUNES」の刻印である。ブランド名は、大文字の太字を這わせ、アーチ型に並べたものです。背景の色に応じた影を落とす。

    1964 – 1969

    ルーニー・テューンズ ロゴ 1964-1969年

    1960年代、短編アニメーションの時代は終わりを告げようとしていたが、ルーニー・テューンズの人気は衰えることがなかった。ワーナー・ブラザースのスタジオが閉鎖されたため、デパチーフレレング・エンタープライズ社がアニメシリーズの制作を引き受けたのである。チャック・ジョーンズがデザインしたオープニング・タイトルをロゴとして使用することにしたのだ。そうして生まれたのが、文字が跳ねる様式化されたワードマーク「LOONEY TUNES」です。カスタマイズしたサンセリフフォントを使用しました。碑文の行はすべて異なり、2つの「E」さえも互いに違っていた。

    このテキストエンブレムは、1960年代後半、短編映画の製作がワーナー・ブラザーズに戻ったときまで続いた。アニメーション 当時、スタジオが財政難に陥り、人気キャラクターがスクリーンから姿を消したため、衰退の象徴として記憶している人も多いだろう。

    1985 – 2009

    ルーニー・テューンズロゴ 1985-2009

    長い休止期間を経て、ワーナー・ブラザースはルーニー・テューンズの復活を決定し、新シリーズのリリースを開始した。ロゴマークには、バッグス・バニーの頭部が描かれており、それが「ターゲット」の中心になっている。ウサギはアニメと同じように、大きな歯を前に出して陽気に笑っている。キャラクターの頭は黒い円の中にあり、細い線で区切られた3つのオレンジ色の輪の枠が描かれている。下半分は、黄色と黒のギザギザの文字で「LOONEY TUNES」とアーチ状に刻まれたものが横切っていた。その下には、同じ色で「WB」の略語が書かれた盾があった。ブランド名は、形もスタイルも、1942年から1964年のロゴにあった類似の要素に似ている。

    2009年~現在

    ルーニー・テューンズロゴ 2009

    リニューアル後、ロゴのデザインも変わりました。今度は、黒い丸からグレーのウサギが巣穴のように突き出ている。手袋をはめた白い手を広げて、今にも名文句「以上です、みなさん!」を言い出しそうだ。リングは濃いピンク色になり、その数は4つに増えた。ワーナー・ブラザースのロゴとLOONEY TUNESの刻印は、黄色が若干明るくなった程度で、ほとんど変更されていない。右下には登録商標のマーク “TM “が表示されています。

    ロゴのフォントとカラー

    ルーニー・テューンズのロゴの主役は、多くの短編アニメーションに登場する重要なキャラクター、バッグス・バニーです。バッグス・バニーは、ウサギを擬人化した愛嬌のあるキャラクターで、のんきな生活態度が特徴です。アメリカの文化的シンボルであり、世界で最も多く描かれている漫画のキャラクター10人のうちの1人であることは当然である。

    アーチの文字には、半世紀前と同じフォントが使われています。正確には、大胆な幾何学的グロテスクを模倣した個々のグリフの集合である。デザイナーは、文字を立体的に見せるために、ほんの少し手を加えただけです。それを実現したのが、内側の輪郭と外側の陰影です。その後、愛好家たちは「ルーニー・テューンズ・ティルトBT」というロゴをもとにしたフリーフォントを作成した。

    バッグス・バニーは、アニメと同じように白とグレーの2原色で描かれています。一方、耳の中は薄いピンク色で、口は赤く、瞳孔は黒くなっています。リングにはディープカーマインピンク(#F02F34)に近い色合いを、文字には黄色のサングローアナログ(#FFD236)を選択しました。センターサークル、シールド、シャドウ、アウトラインは黒です。