レナーロゴ

    Lenorは柔軟仕上げ剤を代表するブランドです。この名前で、彼女は日本、ロシア、ヨーロッパで知られていますが、彼女の故郷(アメリカ)ではダウニーと呼ばれています。このブランドは、アメリカの会社Procter&Gambleに属しています。

    意味と歴史

    親会社は1960年にこのラインを最初に立ち上げました。数年のテストの後、それは国際市場に参入し、ユニークなデザインを受けました。これまで、ロゴには3つのバリエーションがあります。

    1969 – 2003

    デビューバージョンには、ラインの名前の形で碑文があります。それは斜めに広い青い文字で実行されます-下から上へ。テキストはイタリック体ではありませんが、縦に間隔を空けた文字で手書きされています。碑文は首尾一貫しています-各文字には次の文字への移行があります。

    2003 – 2016

    2003年、エンブレムに羽が登場しました。それはブランド名の下にあり、それを完全にカバーしています。新しいグラフィックはまた、流れる水の流れに似ており、コンディショナーがそれを軽くし、洗濯物を柔らかくすることを示しています。碑文自体は薄くなり、斜体で作成されています。

    2016 – 現在

    現代版のロゴは、印刷可能な記号で構成されています。大文字の「L」の水平ストロークが長くなり、「n」に達します。デザイナーはペンを取り外し、代わりにアウトラインフラワーを使用して、中央の「Lenor」という単語の上に配置しました。

    エンブレムのフォントと色

    ロゴの各バージョンには、同じ基本的な詳細(線の名前)が含まれています。唯一の違いは、その書き方と追加要素の有無です。製品は水と関連しているため、元の色はどこにでも保存されます。これは、ブランドの視覚的アイデンティティの概念の鍵となります。

    ロゴの最初のバージョンでは、碑文は手書きのフォントで作成されています。 2番目と3番目では、大文字と小文字の組み合わせで構成されて印刷されます。カラーパレットは安定しています。白い背景に3色の青しか含まれていません。