ゼルダの伝説ロゴ

    ゼルダの伝説のロゴ

    ゼルダの伝説は、約20本のアクションゲームのシリーズです。エルフの耳を持つ伝説の英雄「リンク」の冒険を題材にしたファンタジー作品です。世界を救うために、その都度生まれ変わる。捕らわれの少女や魔法の助っ人に変身するゼルダ姫をお供に。ある部分では、姫は女神ハイリアの生まれ変わりとして登場します。”両者の祖先は、監督・プロデューサー・デザイナーの宮本茂氏です。名前も自分で考えたそうです。リンク」という言葉は、もともとゲームにコンピュータのモチーフを導入する計画があり、トライフォースのアーティファクトを電子チップで構成する予定だったことに由来しています。そして、ゼルダは作家のゼルダ・フィッツジェラルドにちなんで命名された。

    意義と歴史

    ハイリアンクレスト(ゼルダの伝説)ロゴマーク

    1986年に登場したアクションアドベンチャーシリーズで、当初はメディアで大々的に取り上げられるほど人気を博した。また、「ゼルダの伝説」の音楽は、交響詩としてコンサートで演奏された。多くの著名人が、このリンクシリーズが自分のクリエイティビティに影響を与えたと認めています。結果的に、『グランド・セフト・オート』『ワンダと巨像』『フェイブル』『ウィッチャー3 ワイルドハント』の開発者に影響を与えた。

    現在の「ゼルダの伝説」のロゴには、フランチャイズのフルネームが含まれています。赤を基調に、シャープな三角形のセリフが入ったハイコントラストなフォントで書かれています。最後の文字は、上と左にピンクのストライプ、下と右にあずき色のストライプが追加され、少し変わったスタイルになっています。この輪郭線が立体感を生み出しているのです。最初の’Z’には、菱形の模様が施され、縁には2本の矛のような四角形が描かれています。ZELDA」という言葉に比べると、「THE LEGEND OF」はとても小さく感じられます。2次元的なデザインで、巨大な “Z “の上部の右側、一番上に位置しています。

    ロゴ ゼルダの伝説

    このゲームでは、個々のキャラクターやアイテム、種族を識別するために、記号というシステムが用意されています。その中には、ハイラル王家の紋章と呼ばれるものも含まれています。通常、儀礼用の衣服や武器など、支配者層に関連するものに表示されます。多面的なエンブレムであり、その構造は大きく2つの要素で構成されています。

    最上部には、神聖なアーティファクト「トライフォース」があります。大きな三角形の中に、小さな逆三角形の形状の開口部があることを表現しています。ゼルダの伝説のストーリーによると、世界創世の際に神々が残した黄金の遺物だという。勇気、知恵、力の源となるものです。

    王家の紋章の下部は女神の紋章と呼ばれ、ハイリアの識別記号となっている。翼のある人物を模したもので、スカイロフトの住人が乗っている巨大な鳥を表しています。翼の付け根は先のとがった角のような形、前部は動物の頭蓋骨のような形、2本の脚は裏側で鋭い爪で終わっているという、変わった表現をしています。

    ロゴのフォントとカラー

    ゼルダの伝説」シリーズには、デザイナーが独自のグリフを駆使して作り上げた独特のテキストロゴがあります。その後、原文のスタイルを模倣したフォントが登場した。まず、いわゆるトライフォースが登場しました。その後、Artsy Omni社によって同様のHylian Serifに置き換えられました。両書体とも、太い字体、主ストロークと補助ストロークの高いコントラスト、三角形のセリフの存在などが特徴である。

    レタリングは、バーガンディとピンクに塗られたアウトラインを除き、ほぼ真っ赤な色で統一されています。ロイヤルクレストのエンブレムは、ゲームと同じように白黒と金色の2種類を用意しました。