ラバッツァロゴ

    ラバッツァロゴ

    Luigi Lavazza SpAは、全粒豆、粉砕粉末、カプセルの形でコーヒーを製造および販売しているイタリアの民間企業です。彼女は自分自身をブレンド、つまり新しい味を得るために数種類のコーヒーを混ぜる分野のパイオニアとして位置づけています。その主な生産と本社はトリノにあり、Pozzilliはカフェイン抜き製品を生産し、Gattinaraはコーヒーマシン用のカプセルを生産しています。さらに、同社はイタリア国外に多くの工業用地と事務所を持っており、世界のほぼ100か国に拠点を置いています。

    意味と歴史

    ラバッツァ ロゴの歴史

    多種多様なロゴは、LuigiLavazzaSpAの開発における急激な飛躍によるものです。会社の歴史における新しいマイルストーンはそれぞれ、視覚的アイデンティティの更新を示しました。これは、コーヒーが重量だけで販売されていた時期があり、「非個人的な」製品を認識できるようにするために、メーカーが各顧客に発行された別々のカードにロゴを印刷する必要があったためです。

    コーヒー豆の焙煎業者の名前がしばしば口にされたので、それはかつてラバッツァの広告戦略のバックボーンでした。店の売り手はルーズコーヒーを1つの一般的な容器から通常のバッグに移し、この形で最終消費者に渡したので、問題ではありませんでした。革新のために、同社はパッケージ済み製品の製造に移行しました。彼女自身の真空包装は、そのようなコーヒーがその保管のために特別な条件が作られた店だけでなく、どの店の棚にも置くことができたので、彼女が競争から抜け出すのを助けました。

    パッケージを使用することで、メーカーは販促カードを放棄し、製品自体に直接ロゴを配置することができました。その瞬間から、ラバッツァのアイデンティティの発展の歴史が始まりましたが、ワードマークが大幅に変更されることはありませんでした-デザイナーはそれに装飾的な要素を追加し、文字の比率をわずかに変更しただけです。

    1895年 – 1927年

    ラバッツァのロゴマーク 1895-1927

    1895年、イタリアのビジネスマンLuigi Lavazzaは小さな店を購入し、そこでコーヒーを含む何百ものさまざまな製品の販売を開始しました。彼は彼自身のレシピに従って穀物と混合品種の焙煎の程度を実験しました。知られている限り、彼のアウトレットの看板には、カスタムフォントの「DROGHERIALAVAZZA」という碑文が含まれていました。金色の文字は、緑色の長方形の背景に対して際立っていました。

    1927〜1947

    ラバッツァロゴ 1927-1947

    1927年にLuigiLavazzaSpAが登録されました。同時に、会社となった食料品店は、最初のブランドであるicafféLavazzaを持っていました。その名前は、豆の風味を保つために使用される羊皮紙のパッケージに記載されていました。碑文は前衛的なスタイルで作られました。文字は互いに重なり合い、2列に並んだ単語は奇妙に湾曲しています。同時に、エンブレムを明るく見せるために赤と黒のシンボルが交互に表示されました。

    1947年 – 1950年

    ラバッツァロゴ 1947-1950

    戦後すぐに、ラバッツァは実際にデビューした企業ロゴを取得しました。当時の企業の所有者は、ミラノのデザイナーAerostudioBorghiに開発を注文しました。このようにして、珍しい碑文「LAVAZZA」が登場し、真ん中の「A」が拡大されて一種の磁石として機能しました。両側にある文字がそれに寄りかかっていました。公式版では、ワードマークは赤でした。それは、対角線上に2つの部分に分割された、丸いベースを持つ長方形のシールドによって補完されました。上半分は赤く染められており、3つの黒いコーヒー豆が含まれていました。盾の下側は黒く、その上には蒸気が上がっている白いカップがありました。

    当初、コーヒーは大量に販売されていたため、ロゴは顧客に配布されたプロモーションカードにのみ印刷されていました。 1949年、ラバッツァが圧力下で製品を包装する新しい方法の特許を取得し、生産中に粉砕された穀物を包装し始めたため、グラフィックシンボルが缶に使用され始めました。

    1950 – 1986

    ラバッツァロゴ1950-1986

    1950年、同社はすべてのバージョンのロゴから、2つのマルチカラーの三角形に斜めに分割された赤と黒の長方形の内側にある白い碑文「LAVAZZA」を選択しました。このデザインは以前にも見られましたが、20世紀半ばに普及しました。グラフィックの構成は、再現が容易なため、看板と真空包装の両方で見られました。

    1986 – 1991

    Lavazzaロゴ 1986-1991

    1986年、ラバッツァの歴史における新たなマイルストーンが始まりました。ヨーロッパ市場でのブランド認知度を強化するために、同社はMaurizioDiRobilantに新しいロゴの開発を委託しました。デザインの専門家であり、Robilant Associatiの創設者は、ワードマークを再考しました。彼は定型化された碑文を保持しましたが、まるで一杯のホットコーヒーをほのめかすかのように、3番目の文字(「V」)の上に蒸気の雲を追加しました。すべての要素は黒で、永続的な背景はありませんでした。このエンブレムは国際的に使用されており、ラバッツァはイタリアの伝統の守護者として位置づけられていました。

    1991 – 1995

    ラバッツァロゴ 1991-1995年

    1990年代初頭Maurizio Di Robilantは、レタリングのスタイルを少し変更することでロゴを最適化しました。新しいバージョンでは、すべての文字がまっすぐで、「L」だけが傾斜していました。さらに、デザイナーはさまざまな幅のストロークでフォントを変更し、単語の下に赤い下線を追加しました。

    1995年–現在

    ラバッツァロゴ 1995

    イタリアのビジネスマンの第4世代であるEmilioLavazzaは、友人のArmandoTestaにコーヒーブランドのロゴを更新するように依頼しました。 1994年(別のバージョンによると-1995年)、Studio Armandoは、水平方向の下線と巻き毛のない蒸気のないワードマークを導入しました。開発者は、文字の特徴的な傾斜を真ん中の「A」に「引っ張る」ように戻し、1986年から書体を復元しました。このバージョンのデザインは、イタリアおよび海外で使用されています。

    様式化された碑文「LAVAZZA」は、フォントの形を使った小さな実験を除いて、変更されていません。歴史を通して、真ん中の「A」は残りの文字のほぼ1.5倍高いままであり、これはAerostudioBorghiの元のアイデアです。近年、デザイナーは追加の要素を削除して追加しただけです。まず、熱いコーヒーのマグカップの上で蒸気を模倣するしわくちゃのラインです。ブレンドドリンクの並外れた味わいのヒントでした。

    エンブレムフォントと色

    Lavazzaのロゴの碑文は、大文字の太字のサンセリフ文字です。同社は、1940年代半ばにAerostudioBorghiによって設計された戦後のワードマークから開発されたカスタム書体を使用しています。碑文のデザインは伝統的です。最初の「L」、「A」、「V」は右に傾斜し、中央の「A」は平ら(および拡大)で、最後の「Z」、「Z」、「左へのA”スロープ。

    現在のバージョンは完全に黒です。これは、1927年にicafféLavazzaのために作成されたオリジナルのエンブレムの色の1つです。 2番目の色である白は背景として使用されます。しかし、1995年以前に水平線の形で提示された赤は、私たちの時代には達していません。