ランコムロゴ

    ランコムは、厳選された香水と高級化粧品のブランドです。 1935年にフランスで登場しました。 2004年以来、ロレアルの懸念によって所有されており、ラグジュアリープロダクツ部門の一部です。

    意味と歴史

    商標ロゴは元の名前に基づいています。 「ランコム」という言葉は、美容会社の創設者であるアルマン・プティジャンによって造られました。彼はル・シャトー・ド・ランコスメの美しい遺跡にとても触発されたので、彼の「頭脳」に同じような名前を付けることにしました。彼はまた、ブランド名のデザインを古代の建築記念碑の崇高なムードに一致させようとしました。

    その結果、エンブレムの「ランコム」の刻印は洗練された印象になります。長く細い線と鋭いセリフが優雅さを添えています。真下にある「パリ」という言葉は、見た目が全然違います。力強いサンセリフ文字が構図のバランスを取り、遊び心のあるレトロなスタイルと真剣さのバランスをとっています。

    興味深いことに、会社の各方向には独自のグラフィック指定があります。香水にはアルマン・プティジャンがバラを選び、スキンケアには蓮を、化粧には天使を選びました。共通のシンボルは、ここでも、ユニークなゴールデンローズです。伝説によると、ルシャトードゥランコスメの遺跡で豊富に育ったのは彼女でした。

    エンブレムのフォントと色

    伝説的な化粧品メーカーは、ロゴの人間工学に重点を置いており、細長い、円形、楕円形、正方形など、あらゆる形状のボトルやジャーに快適にフィットします。読みやすくするために、彼はフランス語で書かれた1つの単語に制限しました。つまり、「ô」に帽子をかぶっています。エレガントでユニークに見え、化粧品の原産国を示しています。場合によっては、ロゴはミニチュアのバラのアイコンで補完されます。ランコムの名前で、パリのオフィスがある都市が示されています。

    フランスのブランドロゴの各単語には、独自のタイポグラフィがあります。一番上の碑文はBaskervilleOldFaceフォントです。セリフと小さな文字間隔のわずかに細長い文字は、ロゴを視覚的に緩和します。彼らは優雅さの感覚を生み出します。一番下の行の単語は、サンセリフフォントファミリーから取られた薄くてグロテスクな大文字で書かれています。ロゴの色はモノクロで、黒(文字)と白(背景)の組み合わせで構成されています。