キットカットのロゴ

    キットカットは、1935年に市場に参入したチョコレートとワッフル菓子の人気ブランドです。元々は英国の会社Rowntree’sが所有していました。現在、それを使用する権利は、スイスの多国籍企業ネスレとアメリカのキャンディーメーカーであるハーシーカンパニーによって共有されています。

    意味と歴史

    キットカットの驚異的な成功の理由の1つは、その印象的な対照的なロゴです。強力なマーケティングツールとして、すべての製品パッケージに含まれています。デザインは何度か更新されていますが、基本的なグラフィックの原則は変更されていません。

    1935年 – 1937年

    最初のチョコレートワッフルバーは、RowntreeのChocolateCrispブランドで販売されました。この名前は、真っ赤なラッパーのロゴの代わりに使用されました。

    1937年 – 1945年

    1937年にブランドはキットカットチョコレートクリスプに改名されました。 「キットカット」という言葉は黄色い楕円形の中にありました。

    1945年 – 1947年

    1945-1947年を通して。材料が不足しているため、メーカーはダークチョコレートのみを使用していたため、ラッパーは青色でした。これは第二次世界大戦の余波によるものでした。碑文の周りの楕円形が消えました。文字にセリフが追加されました。

    1947 – 1988

    ブランドは1937年のデザインに戻りましたが、「チョコレートクリスプ」というフレーズは削除されました。

    1988 – 1995

    1988年、ネスレはRowntree’sを購入し、それとともにKitKatブランドを購入しました。その後、彼女はチョコレートとワッフル製品のコーポレートアイデンティティを変更しました。ラッパーは真っ赤になりました。白い文字の「ネスレ」(上)と「キットカット」(二重の輪郭の白い楕円の内側)が特徴です。

    1995 – 2004

    「ネスレ」という言葉が縮小され、左上隅に移動しました。

    2004 – 2017

    ロゴをより見やすくするために、デザイナーは影を使用しました。このグラフィック技法は、描画に3次元効果を与えます。さらに、開発者はネスレを赤い細長いハートの形に配置しました。楕円の位置に別の変更が加えられました。現在、楕円の右側は「キットカット」の刻印とともにわずかに高くなっています。

    2017 – 現在

    2017年には、チョコレートワッフルバーが半分に折れたロゴのバージョンが登場しました。

    エンブレムのフォントと色

    ネスレとハーシーカンパニーのキットカットのロゴは異なります。ハーシーバージョンは、赤い背景に黒い輪郭の白い文字で書かれたブランド名です。フォントは、DennisLudlowのKittyKattに似ています。

    ネスレのロゴには、よりオリジナルな要素があります。 「キットカット」のレタリングは、傾斜したダブルフレームの楕円形の内側にあります。タイポグラフィのスタイルは、Arthur Eric RowtonGillによって設計された変更されたGillSansフォントを彷彿とさせます。

    カラーパレットに関しては、グラフィックサインはOxo、Virgin、Coca-Colaと多くの共通点があり、白と赤の組み合わせにも依存しています。この色合いの組み合わせは、優れたコントラストを生み出すため、マーケティングの観点から有益です。