ケンティコロゴ

    ケンティコロゴ

    Kenticoは、2006年に正式にリリースされたCMSです。 Kenticoソフトウェアを使用すると、複雑なWebサイトを開発できます。ニュースポータルでも、数千の商品が追加された大規模なオンラインストアでもかまいません。 CMSの存在中に、それは数回更新されました、最後の主要な更新は2018年でした。今日、Kenticoの主な競合他社について話す場合、Microsoftが開発したAzureサービスを含める必要があります。

    意味と歴史

    ケンティコロゴの歴史

    Kenticoとは何ですか?

    まず第一に、これは、プログラミングや言語の知識に関する特別なスキルがなくても、ウェブマスターが自分のウェブサイトを作成する機会です。組み込みのCMSツールを使用すると、あらゆる複雑さを開発できます。

    Kenticoの最初のバージョンの発売後、ターゲットオーディエンスの間でポジティブなイメージを作成すること、および視覚的なブランド認知度にかなりの注意が払われました。当然、このプロセスの重要な要素はロゴでした。ずっと更新されたのは一度だけですが、主な詳細は今日まで変更されていません。

    Kenticoの古いロゴ

    ロゴの最初のバージョンは、CMSのリリース直後に登場しました。ブランド名に加えて、Kenticoのロゴも付いています。口頭での碑文には、作者のフォントが使用されました。 「K」文字を除いて、名前のすべての文字は小文字です。それらは太字で作られ、文字の端に最小限の丸みがあります。紺色は、エンブレムの背景に刻印を明るく強調しています。同時に、サイト作成の前向きな作業を目的とした、潜在的なCMSクライアントに温かく前向きな感情を呼び起こします。

    エンブレムは視覚的に花に似ており、その中心には円と8枚の花びらが出ています。そのような花びらはそれぞれ、言葉による碑文と同じ、オレンジまたは紺色の長方形に視覚的に似ています。各長方形には尖った角があります。その結果、花に加えて、ユーザーは動いている太陽や風車との関連を持っている可能性があります。

    新しい

    Kenticoの新しいロゴ

    このロゴのバリエーションは、以前のバージョンと比較すると、よりフォーマルに見えます。碑文のメインカラーがダークブルーからブラックに変更されました。同時に、それは古典的なフォント、セリフのない太字で作られています。このように、ブランド名は、特定の変更が加えられたエンブレムとは対照的です。

    これで、その上のすべての要素がオレンジ色の背景に白で作成されます。エンブレムにもすべて円と8つの長方形がありました。同時に、名前の「i」記号の上にあるドットは、この円とサイズが完全に同じであるため、これが同じ要素であるかのように感じられます。ロゴとKenticoの名前の間の距離が広がり、同じブランドに属しているにもかかわらず、各要素が独立しています。

    エンブレムフォントと色

    ロゴの最初のバージョンは作者のフォントで作成されていますが、新しいバリエーションはTimesNewRomanに近いクラシックフォントを使用しています。大文字の「K」を除いて、名前には太字の小文字のサンセリフ文字が使用されました。

    オリジナルのロゴでは、カラーパレットはネイビーブルーとオレンジで構成されています。同時に、メインネームは完全にブルーになっています。更新されたバージョンでは、ブランドは黒で表示され、エンブレムにはオレンジと白が使用されています。最小限の変更は、Kenticoのロゴとブランド全体の視覚的認識に最小限の影響しか与えません。