ジュラシック・ワールドロゴ

    ジュラシック・ワールドロゴ

    ジュラシック・ワールド』は、アメリカ製のSF映画です。同名の3部作の第1部であり、『ジュラシック・パーク』シリーズの4作目として、原作のプロットから22年後の物語を描いています。アマンダ・シルバーとリック・ジャッファの共同執筆による脚本によると、舞台は架空の島「ヌブラル島」となっている。コリン・トレヴォロウが監督を務めるアクション映画です。発売年は2015年です。

    意義と歴史

    ジュラシック・ワールドのロゴの歴史

    ロケは、2014年の春から夏にかけての3分の1という短い期間で行われました。主にハワイとルイジアナで行われた。主要な「キャラクター」である恐竜は、インダストリアル・ライト&マジック社で、革新的なコンピューター技術と、実物大の映像を使用するアニマトロニクスソフト「レガシー・エフェクツ」を使って制作されました。2015年春に最終工程を終え、夏には米国で上映された。

    この斬新な作品は、批評家の称賛と観客の好評を得て、歴代興行収入ランキングで3位に浮上した。メーカーには16億ドルの利益をもたらしました。そして、3部構成のテーマ別フランチャイズの他のプロジェクトの中で最も収益性の高いものとなった。2018年に第2作(続編)が公開され、第3作は2022年に予定されています。

    2015年の作品は、かつて地球に生息していた古代恐竜のクローン作りを題材にしています。このセンターは孤島にあり、長年にわたって運営されてきました。しかし、ミッチェル兄弟が叔母の職場(脚本では、叔母はオペレーター兼管理者の役割を担っている)に到着した後、公園では脱走した標本をめぐって大混乱が起こる。檻から解放された凶暴な恐竜は、社員たちの密かな陰謀の中で大暴れする。混乱、恐怖、ホラーを表現したオリジナルロゴは、クレジットのスクリーンセーバーにもなっています。

    ロゴ ジュラシック・ワールド

    その最初のバージョンを開発したのが、チップ・キッド(Chip Kidd)であり、他のすべてのバージョンはそれを参考にしている。未知の先史時代の生き物の正確な描写を得るために、彼はまず自然史博物館を訪れた。そして、恐竜の本を買ってきて、トレーシングペーパーでティラノサウルス・レックスの輪郭をなぞっていくのです。こうして、今や世界中で親しまれている象徴的なエンブレムが誕生したのである。

    そして、サンディ・コローラは、ジュラシック・ワールドのビジュアル・アイデンティティ・マークを洗練させていったのです。骨を長くしたり細くしたりすることで、骨格をよりわかりやすくしたそうです。さらに、恐竜の周囲をリングで囲み、その上にフランチャイズ名のテキストを配置し、下部にはヤシの木立を追加しました。

    2015年版のロゴは、1993年版のオリジナルをベースにしているため、これらの要素をすべて備えています。今回は、それを現代風にアレンジしたものです。ここでは、石にメタリックな要素を加えたクールなテクスチャーが強調されています。危険な動物が立体化されることで、円の内面から少しはみ出した形になっています。夜の闇の中で口を大きく開けて動き、死の危険の臭いを漂わせている。これは、アッシュからグラファイトへのグレーのグラデーションの陰影によって強調されています。

    レタリングは、一文字一文字が下に向かって暗い影を落とすことで、ドラマ性を高めています。また、名前も凸に見える。記号が配置された横長の長方形の上に盛り上がっているように見えるのだ。テキストは、汚れた白の大文字フォントで入力されています。すべての文字には、真ん中に細いストライプが入っています。

    ロゴのフォントとカラー

    デザインを一新しても、レタリングのスタイルに手を加えることなく、当初のままです。オリジナルの書体は、マイケル・クライトンの本にさかのぼって使用されています。それをもとに、ダグ・オレナ(エヴァンジェル大学助教授)が映画の雰囲気に合わせて改良した書体を作成しました。

    クールな色調で構成された特徴的なパレットは、観客に不気味な恐怖を呼び起こす。2015年のロゴでは、クローム、アッシュ、メタリック、シルバー、グラファイト、クォーツ、チャコール、マレンゴ、ニッケルなど、幅広い色調のグレーが主役となっています。