ジョーカー・ロゴ

    ジョーカー・ロゴ

    ジョーカー』は、スリラーというジャンルを舞台にしたアメリカの心理映画です。原作は、ボブ・ケイン、ビル・フィンガー、ジェリー・ロビンソンが考案し、DCコミックスに連載された同名のキャラクターの物語である。本作のオリジナル脚本は、スコット・シルバーとトッド・フィリップスが執筆し、監督と製作も担当した。さらに、いくつかの一流スタジオも制作を担当した。ワーナー・ブラザーズが配給しています。主人公を演じたのは、ホアキン・フェニックス。公開時期は2019年です。

    意義と歴史

    ジョーカー・ロゴの歴史

    1981年、仕事をクビになったピエロ、アーサー・フレックが崩壊したゴッサム・シティで暴力的な対決を始めるという筋書きである。彼は権力者たちとの激しい対決に乗り出す。脚本家にこのアイデアが浮かんだのは2016年のことで、その後1年間、フィリップスはシルバーと一緒に内容を練り上げました。1970年代のコミックのキャラクターやマーティン・スコセッシの作品からインスピレーションを得たものです。また、1988年の『バットマン』をモチーフにした作品です。

    撮影は、ニューヨーク、ニューアーク、ジャージーの3都市で行われました。本編の上映期間は2018年9月~12月です。仕上げに残りの期間を費やし、2019年8月にベネチア国際映画祭で上映され、最高賞を受賞した。10月に映画館で公開され、賛否両論があった。実は、演技、演出、音楽は誰もが最高レベルで賞賛しているのですが、精神疾患や暴力の描写には否定的な意見が多かったのです。以前、『ダークナイト ライジング』の上映後に発砲事件があった映画館では、『ジョーカー』の上映を断ったところもあった。

    ロゴ・ジョーカー

    意見が大きく分かれたものの、本作は大成功を収め、10億ドルを超える興行収入を記録し、2019年10月に最も視聴された映画となった。興行収入では6位となりました。また、このサイコスリラーは、多くの権威ある賞を受賞しています。そのロゴは今や世界中に知れ渡り、ファンも嫌いな人も恐怖を与えている。なぜなら、メインのエンブレムに加えて、さらにもう一つ、主人公の神秘的な臆病者の微笑みが描かれているからです。

    ジョーカーの顔を、明るい紙の上に暗い刻印のように描いています。どこからともなく現れた瞳が、威嚇するように下を見つめる。白い眼窩に黒い瞳孔が実に恐ろしく、その周りの黒い化粧はギザギザのマスクのように感じられる。その下には、数回のストロークで輪郭を描いた鼻が見える。主に強調されているのは、文字通り耳から耳まで、ピエロのように伸びた口元です。映画のタイトルの右側にあるのが、キモカワアイコンです。

    ロゴのフォントとカラー

    メインロゴは文字式で、「Joker」の文字だけが存在します。上方向に大きく伸びる文字で作られています。グロテスクで、滑らかで、フラットで、クラシックなタイポグラフィで、大文字のフォントです。黒い文字に色ムラがある。古い写真のように、黒い背景に余計な「ノイズ」が入っているのだ。そのため、看板は老朽化し、小さな痕や筋、擦り傷が網の目のように広がっており、すべてが完璧に見えるわけではないことを表しています。すべてのものには、欠点、欠け、不完全、問題があると。

    映画の持つ不気味な雰囲気とその主旨を表現するために、開発者はエンブレムのフォントを「Gothic Joker」と名付けました。KELGE Fontsの代理店が作成したものです。

    これもオフィシャルブラックのカラーリングで実現しています。陰鬱な雰囲気を醸し出すだけでなく、それを完璧にサポートし、主人公だけでなく、彼の周りの人々の潜在的な変容に変換しています。