JCPenneyロゴ

    JCPenneyロゴ

    JCPenney (JCP) は中価格帯のデパートチェーンで、現在はPenny OpCoと呼ばれています。日用品を専門に販売しているが、宝飾品売り場もある。また、ポートレートスタジオ、眼鏡店などの店舗をリースしています。以前は都心に店舗があったが、現在は郊外に集中している。そして、経営陣はお客様の動線を徹底的に調査し、最も収益性の高いところに出店しています。現在、同チェーンはプエルトリコと米国(49州)に689店舗を展開しています。ショップの中心地はケメラー(ワイオミング州)です。創業は1902年。創業者は、ブランド名の由来となったウィリアム・H・マクマナスとジェームズ・C・ペニーです。

    意義と歴史

    JCPenneyロゴの歴史

    後に百貨店のオーナーとなる人物が、草の根的に始めた事業である。学校を卒業すると、トーマス・キャラハンとガイ・ジョンソンの経営するゴールデン・ルール・ショップで働くようになった。1902年の春、彼は自分の店を持ち、その後2つの店の設立に参加した。また、1907年に雇用主であったキャラハンとジョンソン社が提携を解消した際、その全株式を買い取りました。

    1909年、ジェームス・C・ペニーはすでに自分の会社で仕事をしていた。鉄道や銀行に近いユタ州ソルトレイクシティに本社を移した。1912年には、ロッキー山脈の34店舗を所有し、12カ月で1つの傘下に集約した。1904年、ワイオミング州ケメラーにマザーショップをオープンし、現在に至っている。この間、デパートのエンブレムは25種類もあり、入り口上の看板は1つだけでなく、いくつも変わっている。

    1902 – 1909

    ゴールデンルール・ロゴ 1902-1909

    当初、ロゴはシンプルなショップサインでした。水平に伸びる長方形の形をしていた。2行で名前(The Golden Rule)と場所(Kemmerer, Wyoming)が書かれています。最後の2つの言葉は、互いに大きな距離を置いている。いずれも、上はセリフ、下はチョップドフォントという細めのフォントが使われています。本文は黒で縁取りされています。

    1909 – 1916

    ゴールデンルール・ロゴ 1909-1916

    1909年、国境は消滅した。上の文字が太くなり、逆に下の文字が小さく細くなりました。看板には、新しい所有者であるJ.S.A.の情報が追加されていた。C. ペニー

    1916 – 1917

    ゴールデンルール・ロゴ 1916-1917

    そこで、単調なロゴデザインから脱却するために、色の違う下向きのカーリーラインを追加しました。そこに刻まれた文字は「125 Busy Stores」。トップラインは手書き風にして「Golden Rule」を強調し、冠詞の「The」を左上にずらして小さくした。

    1917

    J.C. Penney Co., Incorporatedロゴ 1917

    リブランディング後、エンブレムの内容は大きく変わりました。J.C. Penney Co.」とアルファベット半角文字で書かれ、その下に「Incorporated」と書かれています。3行目の “125 “を “175 “に変更しました。

    1917 – 1920

    J.C. Penney Co., Incorporatedロゴ 1917-1920

    デザイナーは、その後もフォントで遊びました。上部のラインを太く、大きく、輪郭を描き、少し斜めにしたのです。各文字には、黒のベタ塗りと同じ高さにならない細いトリムラインがあります。中段は浅く、2本のストライプの間に位置しています。最下段は右端に移動しました。279店舗」と表記されるようになりました。

    1920 – 1929

    J.C. Penney Co., Incorporatedロゴ 1920-1929

    中央の銘板の左右に配置され、外周に並んだロゴには、多くの付加情報が加えられています。ロゴのデザインスタイルはそのままに、テキストはより意味深いものになりました。名前の斜線は、「J.C.P.」が「enney Co.」となんとなく別になっているように、下線を引いています。

    1926 – 1929

    J.C. Penney Co., Incorporatedロゴ 1926-1929

    1929年までは、別のエンブレムも並行して使われていた。下線はなく、すべての単語が等間隔で並んでいます。J.C.P.」の略称は、やや細長い字体で大きく書かれています。名前の残りはほぼ中央に配置され、「P」の帽子の下から始まります。チェーン店の店舗番号が消えてしまった。

    1929 – 1933

    J.C. Penney Co., Incorporatedロゴ 1929-1933

    この時代のロゴは、ミニマリズムとでもいうべきものです。デザイナーは、長方形に細い実線で陰影をつけ、「J.C.ペニー・カンパニー・インク」の白い文字だけを残して、「J.C.ペニー・カンパニー・インク」と名付けた。イニシャルのドットを、文字と文字の間の真ん中に配置したのです。

    1933

    J.C. Penney Co., Incorporatedロゴ 1933

    1933年には、大きなフォントと細いセリフのロゴが短期間使われた。矩形の背景がグレーの無地になった。

    1933 – 1938

    J.C. Penney Co., Incorporatedロゴ 1933-1938

    その後、ショップネームのデザインは大きく変わり、大文字の刻み文字になった。E」は丸みを帯び、中画が細長くなり、縦線を横切って両側に出るようになった。

    1934 – 1937

    ペニーズロゴ 1934-1937

    このエンブレムは、文字が丸く太く、小文字と大文字が混在して書かれている珍しいデザインである。看板の上部と下部は、白のソリッドストライプで区切られています。

    1935 – 1943

    ペニーズロゴ 1935-1943

    リフレッシュされたアイデンティティは、より合理的になりました。レタリングは厳格で、フラットで、幾何学的です。背景の矩形は黒く塗り直されます。ペニーズとは、「Penney’s」の略で、ペニーズチェーンを構成する相当数の店舗があることを表している。文字と文字の間隔が大きく、セリフが多いのが特徴です。

    1940 – 1949

    ペニーズロゴ 1940-1949

    看板の内容をアレンジして試行錯誤した結果、開発者は「筆文字」バージョンを選択しました。そのため、文字の端がギザギザになっていたり、細かい縞模様があったりするのです。急いでいるのか、無造作に名前が書かれている。コンサバティブでないスタイルは、ショップと人々の距離が近く、誰もが利用しやすいことを表しています。Penney’s」の最初の文字だけが大文字で、他は小文字である。

    1949 – 1951

    ペニーズロゴ 1949-1951

    自由な発想とは裏腹に、古い看板は読みにくかったので、取締役会はより厳格なデザインを採用することを決定した。文字が大きく、太く、横に並んで印刷されるようになりました。

    1951 – 1963

    ペニーズロゴ 1951-1963年

    これまでのロゴは黒い枠で取り囲まれ、白地に名前がくっきりと浮かび上がっていました。ダークバンドの下部には、”Always First Quality!

    1963 – 1971

    ペニーズロゴ 1963-1971

    小売店の名前に変わったデザインが入りました。太い線で書かれているため、まるで平たいポスターペンで手書きしたかのような仕上がりになっています。P’の上半分が濃いターコイズ色になっています。

    1969 – 2006

    JCPenneyロゴ 1969-2006

    リデザインは、イタリア最高のグラフィックアーティスト、ハインツ・ヴァイブルが担当しました。饒舌でシンプル、かつ視覚的に理解しやすいものを提案したのです。そのために、名前の略称の後の区切り点を取り除き、文字をつなげたのだ。その結果、デパートのオーナーの苗字と名前が残るという画期的なものになりました。登場人物は皆、細くて細長い。そして、開発者はアポストロフィと「s」を削除した。

    2000 – 2006

    JCPenneyロゴ 2000-2006

    2000年には、背景の四角に赤色を加えたデザインになりました。中央に一列に並んだ白い店名によく目が行きます。

    2006 – 2008

    JCPenneyロゴ 2006-2008

    デザイナーは、ロゴの基本的なスタイルはそのままに、細い書体を太い書体に置き換えました。正方形にグラデーションを施し、赤の明るい色調と暗い色調を分けるウェーブをつけたのです。

    2008 – 2011

    JCPenneyロゴ 2008-2011

    四角ではなく、真っ白な背景に赤い文字が浮かび上がる。

    2011 – 2012

    jcpenneyロゴ 2011-2012

    このロゴは、第83回アカデミー賞で発表されました。その構造にもやはり赤い四角があるが、それは名前の最初の3文字である「jcp」だけを覆い、残りの文字は白いスペースに配置されている。ちなみに、フォントは大文字から小文字に変更され、運営側にはずいぶんモダンな印象を与えたようです。

    2012 – 2013

    jcpenney ロゴ 2012-2013

    新CEOの就任に伴い、ロゴを改訂しました。その上に再び四角いものが現れた。今回は、白いスペースに赤い線でアウトライン化されています。左上には、小さい青色の四角があります。小売チェーン名が表示されます。デザイナーはHelveticaの代わりにGothamフォントを使い、小文字の綴りはそのままにしました。

    2013年5月~9月

    jcpenney ロゴ 2013年5月-9月

    ロゴを試行錯誤した結果、お客さまが嫌がるようなバリエーションが出来上がりました。白地に文字の区切りが広い、シンプルな小文字のレタリングです。

    2013 – 2019

    JCPenneyロゴ 2013-2019

    その結果、消費者の猛反発を受け、2008年から旧ロゴを復活させた。

    2019年~現在

    JCPenneyロゴ2019

    2019年晩秋、ショップチェーン「JCPenney」は、これまでお客様の間で抗議が起きていた2013年版のデザイン変更を承認しました。デザイナーは、最初の3文字を大文字にし、残りを小文字のままにした。同時に、COVID-19の大流行により、百貨店チェーンが破産宣告を受けた。

    2019年~現在

    ペニーズロゴ 2019年~現在

    旧ペニーズの名前をとって、新店舗を設立した。テキサス州ハーストにあり、全く異なるコンセプトを持っています。現在、同ビルにはヘアサロン、コーヒーショップ、ヨガスタジオ、さらにダラス・カウボーイズのミニストアなどが入っています。その結果、ロゴもよりスタイリッシュになりました。名前はイタリック体の手書きで、斜め上に配置されています。全体として、個人の署名のように見えます。

    ロゴのフォントとカラー

    商標ロゴの進化は、多くの修正を経て、複雑なバリエーションからシンプルなものへと変化してきました。以前は情報や文字情報を集めたものでしたが、今は実名だけになっています。

    最新のJCPenneyエンブレムフォントには、HelveticaやGothamなどがあります。初期のバージョンでは、幅広のセリフ書体だった。1969年当時はレタリングに微妙なニュアンスがあった。色調はより統一されており、初期のロゴタイプはすべて黒、後期のロゴタイプは赤となっています。ブルーは1回だけ使用しました。