iPhoneロゴ

    iPhoneロゴ

    iPhoneは、Apple Inc.のモノブロックフォームファクタのスマートフォンのシリーズです。iOSプラットフォームで動作し、すでに数世代が存在し、新しいモデルは以前のモデルより進化しています。その開発者であり、コンセプトの立案者であるのが、Macworld Expo 9で発表したスティーブ・ジョブズである。サンフランシスコのモスコーニ・センターで開催された。2007年冬に初めて発表されたブランドです。その年の夏には、デビュー製品が登場した。

    意義と歴史

    iPhoneロゴの歴史

    iPhoneの試作が始まったのは、2004年のこと。このプロジェクトのために、アップルは優秀なプロフェッショナルを集めました。1,000人が招待された。チームを率いたのは、ソフトウェアを担当するトニー・ファデル、デザインを担当するサー・ジョナサン・アイブ、プログラマーのスコット・フォースターの3人のエンジニアであった。Project Purpleで一緒に仕事をした。

    当初は革新的なタブレット端末を目指したが、スティーブ・ジョブズCEOがモバイル多機能携帯電話を優先するようになり、優先順位が変わった。結局、シンギュラー・ワイヤレスと秘密裏に提携し、AT&Tモビリティと改名して登場した。それ以来、同社は毎年1台ずつ、前作を改良したデバイスを発売しています。スマートフォンは、コアを改良して構成を改善したものです。最新シリーズのひとつであるiPhone 12には、A14 Bionicプロセッサや5Gコネクティビティを搭載したモデルが複数存在します。

    ブランド・アイデンティティの名称は、ジョブズ自身が考えた。彼の概念によると、iPhoneの語源は、「internet」「inspire」「inform」「individual」「instruct」。iMac、iPod、iPadなど、他のApple製品の名称にも使われている短い “i “で表されています。第二部は「電話」です。英語の “Phone “が語源です。このようなマークは、すべてのブランドのスマートフォンに付いています。エンブレムには3つのバージョンがあります。

    2007 – 2013

    iPhoneロゴ 2007-2013

    初代モデルには、このマークが太字で書かれていました。シングル「i」はもともと小文字で、「P」は優先順位と機能性を強調するために大文字にした。文字は平たく、滑らかで、セリフがない。タッチパネルを操作する指の滑らかな動きに合わせた流線型のフォルムが特徴です。だから、どのキャラクターにも折れ線や直角がない(見えていても傾斜の度合いが少ない)。ロゴのほとんどは文字だが、その左側には時々、かじられたリンゴがあり、これはAppleの個別指定である。これは、その製品が製造者のものであることを強調する方法です。

    2012 – 2016

    iPhoneロゴ 2012-2016

    端末の機能・内容の向上と並行して、ロゴもバージョンアップしました。軽快さ、視覚的なシンプルさ、洗練されたエレガンスを獲得しています。これは、ロゴが地味であるにもかかわらず、外側のデザインよりも内側のデザインを重要視していることを反映しています。その結果、2012年はレタリングが微妙になりました。フォントは小文字のままだが、「P」だけはずっと大文字のままだ。文字の高さの変化が均一で、まるで本当にディスプレイの上に指を置いた軌跡のように滑らかです。文字が細い分、文字間のスペースが若干広くなり、読みやすさが増しています。

    2016年~現在

    iPhoneロゴ2016

    現在のロゴは、同じ言葉をアクセントとして、文字を太くしたものです。第1弾ほど広くはありませんが、第2弾ほど狭くはありません。このフォントは「SF Pro Semibold」といいます。中々微妙ですが、より顕著になります。以前は「h」の足が高かったのですが、「P」と高さが揃いました。小文字ではあるが、「i」も届く。これは、ロゴ制作の一番最初に縦棒から少し離れたところに移動した丸いドットを犠牲にして行われています。

    ロゴのフォントとカラー

    iPhoneのビジュアルアイデンティティマークは、スマートフォンの使いやすさをアピールすることが主な目的です。そのため、フォントには一切の装飾が施されておらず、アウトラインやボーダー、ダブルバーもないシンプルな一本の線で構成されている。このように、新世代のモバイル機器の機能や目的を的確に伝えるという重要な機能を果たしています。

    文字エンブレムには、San Francisco Proファミリーのグロテスクなフォントが選ばれました。アップル社による自社開発です。公式ロゴのパレットはモノクロで、黒(文字)と任意の背景色の組み合わせで構成されています。通常は白ですが、スマートフォンの機種の色合いによって異なります。