IKEAのロゴ

    イケアは、1943年にスウェーデンに登場したオランダの企業グループです。彼女は家具やインテリアアイテムのデザイン、製造、販売を専門としており、400を超える店舗をオープンしています。そのモダンなデザインと手頃な価格の商品のために、それは大人気の商標です。今日、それは世界中の何百万もの人々のお気に入りのショッピングの目的地になっています。その創設者はイングヴァル・カンプラードです。ヘッドポイントはデルフト(オランダ)にあります。

    意味と歴史

    同社は、創業から1年後の1951年に独自のロゴを取得しました。これは、創設者の名前と彼が生まれた村の名前で構成される頭字語に基づいています。したがって、IKEAはイングヴァルカンプラードエルムタリッドアグナリッドの略です。何年にもわたって、同社には10以上のエンブレムがありました。

    1951年 – 1952年

    デビューバージョンは、シーリングワックスで作られた古典的な切手のように見えます。これらは、小包、登録された貴重な手紙に貼られていました。この関連付けは偶然ではなく、Ingvarが子供の頃から商取引に携わってきたという事実に端を発しています。彼は卸売りの小物を購入して小売店で販売し、個人的に自宅に配達したり、郵送したりしました。ロゴの中央には小文字で書かれた「ikea」という単語があり、その周りには大文字の「KvalitetsGaranti」があります。

    1952年 – 1957年

    この期間中、エンブレムは簡略化され、カーキ色の背景に会社名の白い碑文が残されました。彼女は商標ラベルを務めました。

    1952年 – 1953年

    並行して、別のバリエーションが開発されました。茶色の背景に斑点があり、会社名、カタログの発行年の指定、創設者の故郷の村の名前など、いくつかの碑文があります。 3要素の「スポット」は、縦縞のある茶色とベージュの長方形で囲まれています。

    1953年 – 1955年

    1953年に、背景を無地(ベージュ)にすることで簡素化されました。中央の要素には「IKEA」という言葉だけが残り、右下には「Agunnaryd」が配置されていました。

    1955年 – 1956年

    デザイナーはロゴの色と形を変更しました。これで、黄色の要素が内部にある黒い長方形のように見えます。

    1956年 – 1957年

    1年後、別のオプションが登場しました。エッジに沿って黒い線が付いたベージュの正方形です。

    1957年 – 1958年

    同社がMöbel-IKEAに社名を変更し、独自の家具生産を開始したとき、ロゴは再設計されました。開発者はベースカラーをネオンイエローにステップアップし、白いIKEAレタリングで黒い背景を配置しました。

    1958 – 1962

    当時の変化はカラーパレットにのみ影響しました。明るい黄色が黒に置き換えられ、「スポット」の形の背景が斜めの楕円形になりました。

    1962 – 1967

    1962年に、横長の楕円形のロゴが発表されました。最初のバージョンでは、碑文は上下にあり、2番目のバージョンでは下にありましたが、背景が異なります。

    1967 – 2019

    「E」の文字の上にスカンジナビアの記号がないIKEAという最終的な名前が付けられたため、これは会社の歴史の中で伝説的な時期です。

    1981 – 1982

    その間、ブランドはメインロゴの赤いバージョンを使用していました。

    1982 – 2019

    1982年に、すべてのブランド名が変更されました。しかし、変更は形、詳細、文字には影響しませんでした-ロゴの色だけが修正されました。その時、会社は伝説的な青と黄色のパレットで最初に登場しました。ストックホルムを拠点とするデザインビューローSeventyも、商標および代替バージョンを作成しました。

    2019 – 現在

    現在のエンブレムは、以前のすべてのバージョンよりも軽量です。横長の長方形には、「IKEA」の刻印が入った細い楕円形があります。ロゴの主なハイライトは、理想的なアスペクト比と検証済みの比率を備えた黄金比です。

    エンブレムのフォントと色

    初期バージョンと後期バージョンの両方に、中央セクションの会社名という1つの特徴的な要素があります。年によっては、楕円形、円、正方形、縦線、長方形など、常に何らかの幾何学的形状が追加されます。

    ロゴの碑文は可能な限りシンプルです。文字は滑らかで、厳密で、均一で、サンセリフです。 1967年以来、「IKEA」という言葉が主流になり、重い家具に関連する広くて巨大な書体で書かれています。

    配色は同じではありません。異なる年には、茶色、ベージュ、灰色、カーキ、赤が主流でした。 1982年の再設計後、黄色と青の特徴的な組み合わせが登場しました。