iCloudロゴ

    iCloudロゴ

    iCloudは、2011年にAppleが立ち上げたクラウドストレージサービスです。 iOSオペレーティングシステムに基づいて実行されているデバイス用に作成された、最も人気のある開発の1つ。現在までに、iCloudは世界中で約8億人の人々によって積極的に使用されています。 Appleテクノロジーの所有者は、複数のデバイスを同期できます。その後、サービスに保存されているデータは、接続されているすべてのiPhone、iPadなどで利用できるようになります。

    意味と歴史

    iCloudロゴの歴史

    iCloudとは何ですか?

    まず第一に、これはユーザーがデバイス上で直接メモリを消費することなくファイルを保存できるプラットフォームです。私たちは写真、ビデオ、オーディオなどについて話している。

    iCloudサービスが存在する間、そのロゴは2回しか変更されていません。クラシッククラウドを使用しているため、ブランドの視覚的認識は高いレベルにあります。原則として、変更はバックグラウンドに対してのみ行われました。すべてのバリエーションで、サービスのロゴはポジティブで新鮮に見え、ユーザーにポジティブな感情を引き起こします。クラウドシンボルは、データウェアハウス機能の基礎を明確に伝えているため、偶然に選択されたわけではありません。興味深いことに、2014年からのいくつかのバリエーションを除いて、iCloudロゴにはワードマークがまったくありません。これは、ロゴとサービスが非常に人気があるため、追加の詳細が必要ないことを直接示しています。

    2011 – 2013

    iCloudロゴ 2011-2013

    ロゴの元のバージョンは、その後の更新とは大幅に異なりました。 2011年に正式にサービスを開始した直後に導入されました。大胆な黒の輪郭を持つ雲のシンボルは、わずかに丸みを帯びた角を持つ灰色の正方形に対して描かれました。グレーのグラデーションを使用することで、エンブレムが立体感だけでなく、金属に映し出されたような感覚になりました。提示されたロゴの使用中、iOSのバージョン5および6が関連していました。

    2013 – 2014

    iCloudロゴ 2013-2014

    iOS 7のリリース後、同社はiCloudロゴを再設計することを決定しました。最も重要な変更が背景に加えられました。灰色の代わりに青色のグラデーションが使用され、それによって空との関連付けが作成されました。正方形自体も角が丸く、元のバージョンと同じサイズでした。同様に、雲は黒ではなく、白の輪郭を持っていました。一般的に、ロゴはターゲットオーディエンスにとってより親しみやすく快適になっています。高品質でユーザーからの肯定的なフィードバックにもかかわらず、それはたった1年間積極的に使用されました。

    2014-現在の時刻

    iCloudロゴ2014

    2014年に別の再設計が完了しました。背景は完全に削除されました。同時に、雲のついたエンブレムがさらにリアルになりました。青いグラデーションは、画像に立体感を与えました。ロゴの特定のバリエーションでは、ユーザーに馴染みのあるロゴに加えて、サービス「iCloud」の口頭での名前が使用され、太字の黒い文字で作成されました。文字「C」を除いて、それらはすべて小文字でした。これまでで最も長く続いたのは、このバージョンのロゴです。

    エンブレムフォントと色

    上記のように、iCloudロゴの口頭での碑文は非常にまれにしか使用されませんでした。ただし、2014年に導入されたロゴには、クラシックな太字のサンセリフフォントのブランド名が使用されていました。

    ロゴの配色は青のグラデーションで構成されており、クラウドストレージサービスの利用者にボリューム感を与えています。選択した色は偶然ではありません。少なくとも、それはすぐに空に関連付けられ、したがって雲に関連付けられます。さらに、明るい色はユーザーに前向きな感情を呼び起こし、iCloudを使用するようにユーザーを引き付けます。