Iberiaロゴ

    イベリアはスペインからの国内航空会社です。マドリード市を拠点としています。それは1927年に登場しました。 1999年以来、Oneworld航空同盟のメンバーです。

    意味と歴史

    会社のデビューロゴは非常に簡潔です。しかし、その存在の長い間、それはしばしば変化し、時には根本的に異なる形を獲得しました。

    1927 〜1939

    作業の初期段階では、主な焦点は読みやすさでした。そのため、最初のブランド名はミニマリストです。黒い大文字で書かれた「イベリア」という単語のみが含まれています。

    1939年 – 1941年

    同社は、事業内容を直接反映する翼のあるシンボルの使用を開始しました。

    1941年 – 1954年

    デザイナーは再びロゴを変更しました。現在、碑文は赤い小文字で、フォントは手書きの手書きに似ています。

    1954年 – 1963年

    今年、世界の時代はコーポレートアイデンティティから始まりました。 「イベリア」という言葉の右側にあります。

    1963 – 1967

    再設計後、ロゴには大きな大文字のフォント、わずかに平らな地球儀、およびそれを囲むリボンが付けられました。

    1967 – 1977

    1967年、黄色い地球を背景に、航空会社の名前の短縮版「IB」が登場しました。

    1977 – 1992

    開発者は地球儀を取り除き、「IB」記号を拡大し、その下に復号化を配置しました-「イベリア」。

    1992 – 2013

    この期間中に、言葉とグラフィックのサインが場所を変えました。フルネームが再びデザインの主要なものになり、短縮バージョンは最後に移動されました。

    2013 – 現在

    現代のエンブレムはミニマリストです。「イベリア」という言葉はシンプルで薄いタイプで書かれ、「IB」のサインは葉の形で描かれています。

    エンブレムのフォントと色

    個々の象徴性の発達は、単純なバージョンから始まり、長い道のりを経て、再び単純なバージョンで止まりました。確かに、複雑なデザインでいくつかの段階を完了した後、選択は再びミニマルなロゴに落ちました。緯線と子午線、リボン、飛行標識、幅の広い文字、幾何学的な形で地球を後にして、会社の幹部は小さなアイコンが付いたテキストバージョンを選びました。コーポレートアイデンティティとロゴはインターブランドによって設計されています。エンブレムは、文字「B」から形成された2つの葉のようなストロークで構成されており、現在は「イベリア」という単語の右側に配置されています。

    サンセリフカテゴリのサンセリフフォントに基づくカスタムロゴフォント。文字は凸状で、より正確には側面に湾曲しています。これは、樽型の「I」の例ではっきりとわかります。カラーパレットは、暗い色から明るい色へのグラデーション遷移に基づいています。それは赤と黄色のいくつかの色合いで構成されています。