Ibanezロゴ

    Ibanezは日本の有名なギターブランドです。星野楽器グループがスペインの巨匠からアイバニーズサルバドールの商標を使用する権利を購入した後、1957年に登場しました。

    意味と歴史

    ギターがテスコの工場で生産されたとき、それらはアイバニーズの金属ラベルで飾られていました。 1970年、星野楽器はフジゲン楽器工場に生産を移し、ロゴの適用技術を変更し、デカール方式で印刷を開始しました。

    最初のエンブレムは、手書きのスクリプトで会社の名前を示しています。シンプルな黒い文字が白い背景にきれいに描かれています。 「I」と「z」はオリジナルの細長い尾を持っています。このバージョンは1970年代にのみ使用されましたが、時代を超越したクラシックとして認識されています。

    1977年以降に製造されたギターは、ネックの前面にわずかに異なる「Ibanez」の文字があります。デザイナーは印刷されたイタリックを選択し、文字はシャープなセリフになりました。続いて、背景を飾るチェックマークが単語に追加されました。一部のロゴは濃い灰色で、他のロゴは黒です。一般的な背景は白です。

    1996年に、メーカーは一流のエレキギターシリーズを発表しました。首の前に「プレステージ」と書かれています。クラシックなレーベルの真上にあり、わずかな傾斜があります。フォントは書道の手書きを模倣しています。文字は洗練されており、1970年代に使用されたものとはまったく異なります。

    エンブレムのフォントと色

    ブランドのユニークな個性を強調するために、ロゴの作者はオリジナルの社内デザインのフォントを選びました。その中のすべてのシンボルは描かれており、類似物はありません。碑文は、さまざまな形の大文字と小文字の組み合わせで構成されています。たとえば、「I」は標準に見えますが、「b」、「e」、「z」は一意に見えます。それらの最初のものは均一な上部ノッチを持ち、2番目は細長い中央部分を持ち、3番目は両端に鋭い棘を持っています。さらに、すべての標識が接続されており、右側にわずかな傾斜があります。

    古典的なモノクロバージョンは、白い背景に黒い文字です。ただし、ギターには金色の碑文が刻まれています。