アイラブニューヨークロゴ

    アイラブニューヨークロゴ

    I Love New Yorkは、愛国的なスローガンやロゴにもなっている歌の一節です。観光客誘致のためのマーケティング要素として活用されている。現在では、市や州の公式スローガンとされている。メアリー・ウェルズ・ローレンスの指揮のもと、広告スタジオのウェルズ・リッチ・グリーンが最初に適用した。1977年のことである。しかし、著者は彼女ではなく、前年にタクシーの中で紙切れにロゴの原型を描いたグラフィックデザイナー、ミルトン・グレイザーである。現在では、ニューヨーク州経済開発局が所有する独自の商標となっている。シンボルのオリジナルはマンハッタンにあり、近代美術館に収蔵されている。このフレーズの元となった曲は、Steve Karmenが作ったものです。国に寄贈したのです。

    意義と歴史

    アイラブニューヨークのロゴの歴史

    このバッジは、広告ポスター、パンフレット、マグカップ、旗、Tシャツ、野球帽、その他数多くのお土産品など、あらゆるところで目にすることができるほどポピュラーになった。また、このロゴは、ニューヨーク州内に点在する大小のインスタレーションという形で存在しています。巨大なフォロワーが育っているので、似たようなロゴ(ただし行政機関の名称は異なる)を世界中で見ることができる。

    きっかけは、地域の商務省が企画した行動だった。ウィリアム・Sによって立ち上げられた。ドイルはマーケティング会社ウェルズ・リッチ・グリーンを雇った。グラフィックアーティストのミルトン・グレイザー氏も参加しています。最初のスケッチは、タクシーに乗っているときに自然に描かれたものです。制作者は2〜3ヶ月の短期キャンペーンを想定し、プロボノで仕事をした。しかし、この革新的なバッジは、独立したブランドとして、またニューヨークという街の譲れないシンボルとして、とても愛されるようになった。そして、その構想スケッチはプレゼンテーション資料とともに近代美術館に寄贈され、今日まで保管されている。

    ロゴマーク アイラブニューヨーク

    ニューヨークへの愛を宣言したアイコンの第二の人気急上昇は、2001年9月11日の悲劇的な出来事の後であった。そして、犠牲者に連帯して、アメリカ人は「I Love New York」のロゴの入った服を買い、着て、支援を表明するようになったのです。その時、グレーザーはロゴを少し変え、悲しみのシンボルとして赤いハートの上に小さな黒い点を入れた。それは、マンハッタン島下部の破壊されたショッピングモールの地図上の位置と一致する。このワッペンはポスターに貼られ、同時多発テロの被害者を支援するための募金活動を行った地元紙「Daily News」に掲載されました。

    このエンブレムは、都市への愛着を象徴する略字で構成され、都市に住む人々の一体感をイメージしています。アイコンは、「I」の文字と、キューピッドカードに描かれているような赤いハート、そして「New York」に由来する略称「NY」をデザインしています。当初はすべての要素が一列に並んでいたのですが、後に2つに分割されました。これで、各キャラクターが比例して上に配置されるようになりました。文字は太く、大きく、横に伸びる大きなセリフで装飾されています。

    ロゴのフォントとカラー

    ロゴに刻まれた文字は、アメリカンタイプライターのミディアムフォントで、文字の突出部分は滑らかで丸みを帯びています。デザインは、Joel KadenとTony Stanが担当しました。ITCに初めて登場した。

    公式パレットは控えめで、「LOVE」の文字に代わるハートにアクセントをつけています。唯一、鮮やかな赤で彩られています。それ以外の看板は黒です。背景は通常、ニュートラルな白です。