ハルクロゴ

    ハルクロゴ

    2003年に公開された同名のスーパーヒーローを描いた映画「ハルク」。 マーベルのコミック「インクレディブル・ハルク」を原作とする長編アクション映画2本のうちの1本である。ロバート・ブルース・バナーという科学者の分身である怪物の起源を描いている。映画のプロットによると、原作のように放射線爆弾の爆発ではなく、実験室での実験の失敗によって緑色の生物に変身するのだそうだ。物理学者が激怒すると変身する。「Don’t Make Him Angry」というスローガンが連想される。

    意義と歴史

    ハルクのロゴの歴史

    2003年6月中旬に初公開された『ハルク』は、数年がかりの脚本作りから何度も議論を重ね、リライトを試みた。その結果、撮影が再調整されました。最終的なストーリーは、これまでのTVの脚本にあった出来事や、コミックの要素を取り入れたものとなった。大きなテーマのひとつは、親子問題である。

    また、チームの構成も常に変化していた。そして、ついにアン・リーが監督を務めることになった。ハルクの制作に費やした3年間の疲弊は、人生の優先順位を考え直すきっかけとなった。この映画は公開後、批判の嵐に見舞われ、リー監督は永遠に監督をあきらめることになる。それを思いとどまらせたのは、父親だった。

    ハルク』の興行収入は比較的高かったが、この創作リメイクは失敗作と言われている。大きな予算とCGを駆使した超大作だけに、多くの期待が寄せられていた。しかし、視聴者はその筋書きの矛盾を嫌った。主人公が悪役なのか、世界の救世主なのか、あるいはその両方なのか、理解できなかったのです。同時に、知能を低下させた巨大な緑の怪物は、偽物でぽっちゃりしたヘタレに思えた。そして、その大ジャンプも非現実的なものに見えてしまう。その理由は、ミュータントがコンピュータープログラムによって作られたCGI生物であるため、特撮が貧弱であったからかもしれない。また、家族ドラマも好みが分かれるところだ。

    ロゴ・ハルク

    マーケティングでもハルクと勝負していたようです。ユニバーサルは、この映画のロゴを入れた百五十種類の商品をデザインした。あまりに多いので、アン・リーが「今、撮影所がグリーンアイテムを全部売っている」と冗談で言った。この映画のテキストマークが初めて登場したのは、ポスターであった。黒と緑のグラデーションと光沢のあるアウトラインで立体的に表現された「HULK」の文字が特徴です。文字が立体的に見えるのは、側面のエッジが広いからです。アニメ版では、言葉が明るく輝き、その表面からミュータントの目が突き出ている。また、毒々しい緑の縁取りのあるオールブラックのバージョンもあります。

    ワードマークに加えて、緑色の拳を描いたエンブレムもあります。ハルクハンズは、2003年にトイビズ社が発売した大きな緑の手をかたどった玩具から独立したブランドです。これは、ハルクというニックネームのミュータント科学者の映画を宣伝するために行われたものです。ハンマーや盾、特殊な武器など、主人公には何の特徴もなかった。そのため、デザイナーは彼の身体的な強さに着目し、力強い拳で表現しました。ロゴは、指を強く握りしめ、まるで一撃を加えるかのようなイメージで描かれています。手そのものと円形の枠は緑で、デザインが施された輪郭と円の内側は黒で作られています。

    エンブレムのフォントとカラー

    HULK」の文字には、コミックをテーマにした映画であることを想起させる特別なフォントが作られました。文字は幅広のストライプで構成され、立体的な形状をしています。どことなく似たようなフォントに「Banjin」というのがある。

    メインカラーは濃淡の異なるグリーンです。それは、科学者が変身するミュータントの姿と呼応している。ロゴでは、グリーンに黒のグラデーションでバランスをとっています。