ホンダロゴ

    ホンダの創設者は16歳で中退し、自動車整備士のアシスタントになりました。特別な教育を受けずに、彼はトヨタの部品を作り始めました。 1944年と1945年に、本田宗一郎の2つの工場が破壊されました。1つは爆撃され、もう1つは地震で倒壊しました。これにより、彼は残りのトヨタ事業を売却し、その収益で新しい事業を開始することを余儀なくされました。小さな小屋にいる何人かの人々が手動で電動自転車を組み立てていました。その後、意欲的な起業家が本田技研工業を設立し、最終的には最大の二輪車メーカーになりました。最初のホンダ車は1963年に登場しました。

    意味と歴史

    日本の会社は二輪車や自動車の製造を行っており、これらの地域ではロゴが異なります。二輪車のブランドは勝利の女神であるニーケーの翼で、自動車のブランドは定型化された文字「H」で認識できます。彼らは2つの異なる子会社であるため、それらの象徴性は異なります。そして、それらを所有する多国籍企業は、主に「HONDA」と刻印されたワードマークを使用しています。

    1961 – 1969

    「H」のエンブレムは、T360ミニピックアップのボンネットに最初に見られました。 1963年に発売されました。

    1969 – 1981

    N360シティカーのデビューから2年後、同社はロゴを更新しました。その結果、文字は白く細くなりました。そして彼女はまた基礎を持っていました:暗い等脚台形。

    1981 – 2000

    1981年、ホンダは世界初のGPSのようなナビゲーションシステムを発明しました。ほぼ同時期に米国市場に参入しました。これらのイベントは、ロゴの近代化と同時に行われました。 「H」は薄くて黒になりました。開発者はそれを角が丸い白い台形の形に配置しました。ブランド名は下部に表示され、大きな長方形のセリフが付いたブランドの太字で書かれています。

    2000 – 現在

    新しいロゴは、台形フレームの拡大文字「H」のみが古いロゴと異なります。自動車愛好家は、2000年のホンダシビックのプレゼンテーションでこのバージョンを最初に見ました。

    ホンダのブランド名は、常に大文字の「H」のように見え、認識できるユニークなスタイルで描かれています。これは、会社の名前とその作成者の名前からの最初の文字です。エンブレムは「H」の上部が広く、下部が先細になっているので、車のパーツのように見えます。多くの人にとって、そのようなシンボルは、腕を空に伸ばしている人型の人物に関連付けられています。シンプルな形状のおかげで、象徴的なバッジはボンネットだけでなく、ハンドルや小さな要素(ボタンなど)にも使用されています。

    その人気にもかかわらず、様式化された「H」はすべてのホンダ車を飾るわけではありません。特に、アキュラの高級スポーツカー、セダン、クロスオーバーのロゴには「A」の文字が付いています。これは、開発者が考案したキャリパーに似ています。それにもかかわらず、「H」のエンブレムは最も成功した設計ソリューションと見なされます。

    エンブレムのフォントと色

    フルバージョンでは、有名なグラフィックサインに「HONDA」という言葉が追加されています。テキストは自動車会社が所有するシンプルなフォントを使用しています。大文字、太字、上部が平ら、大きな長方形のセリフ。よく見ると、2000年にフォントが少し変わったことがわかります。タイポグラファーはすべての角を丸めて、文字を合理化しました。この再設計はレタリングの認識にほとんど影響を与えませんでしたが、会社の幹部はそれが非常に必要であると感じました。

    広告資料には、多くの場合、白黒のロゴが付いています。ホンダ車を飾る他のカラーバージョンがあります。たとえば、通常のシビックのラインナップには、黒または銀のすべてのエンブレムがあります。シビックタイプRでは、ほとんどが赤です。本田宗一郎が赤い服が大好きで、赤いビジネスシャツやネクタイを着ていたせいかもしれません。また、同社のスポーツカーが最初にF1大会に参加した時代を思い起こさせます。