ホグワーツ・ロゴ

    ホグワーツは、ジョアン・ローリングが書いた一連のハリーポッターの本から生まれたブランドです。彼らは学校の伝説的なシンボルの基礎を築き、その壁の中で素晴らしいイベントが行われ、若い魔術師や魔術師が学びました。

    意味と歴史

    主人公はスコットランドの高地のどこかにある魔術と魔法使いの学校で教育を受けました。教育機関のルーツは10世紀にまでさかのぼり、非常に古いロゴが付いています。それは古典的な要素を持つ中世の騎士の盾に似ています:動物の画像、魔術のシンボル、紋章、名前からの大文字、様式化された縁取り。

    エンブレムの意味を解読するには、学校の歴史を掘り下げる必要があります。その上にある4つの断片は、学生が勉強して住んでいた学部を示しています。グリフィンドール(ハリー・ポッターが魔法の教育を受けた場所)、ハッフルパフ、レイヴンクロー、スリザリンです。それらのそれぞれは、ロゴスキームで独自の指定を持っています。それらは、独自の動物、色、グラフィックでロゴに表されています。

    中世の真面目な大学にふさわしいものとして、ホグワーツはすぐにユニークなモットーを受け取りました。それは、盾の下にある長い二股のリボンの上に置かれました。ラテン語で「眠っているドラゴンをくすぐらないでください」を意味する「DracoDormiensNunquamTitillandus」と書かれています。すべての文字は大文字で、シンプルなサンセリフ書体で書かれています。

    エンブレムのフォントと色

    ロゴの左上隅には、グリフィンドールのマスコットであるライオンが描かれています。捕食者は、金色の縞模様のある真っ赤な背景にあります。これは、学部で評価されている勇気、勇気、貴族の擬人化です。

    右上のシートはスリザリンデカールが取っています。この学部のエンブレムは、緑銀のフィールド上のヘビです。冷血な爬虫類のイメージは、野心、決断力、狡猾さ、機知に富んだことを表しています。

    彫刻された盾の右下隅には、レイヴンクローを表すワシがいます。青い線の背景に配置され、知恵、創造性、知性、警戒を象徴しています。

    下のゾーンの左側にはアナグマ、つまりハッフルパフのマスコットがいます。背景には、正方形が並んだ黄色の背景が見えます。著者が考案したように、グラフィック構成は正直、忍耐、忠誠を象徴しています。

    4つの家はすべて、学校名の最初の文字である中央の「H」によって統合されています。それは、魔術と魔法使いの学校の古代を強調する、大きくてアンティークで複雑なセミカール書体で書かれています。紋章の配色はモノクロ(白地に黒)です。この記号は小さく、魔法の施設のイメージを正確に伝えるため、この要素が別個のロゴとして使用されることがあります。