グレイグース ロゴ

    グレイグース ロゴ

    グレイグースは、アメリカのビジネスマン、シドニーフランクによって開発されたフランスのプレミアムウォッカブランドです。彼女は1990年代に登場しましたが、後にバカルディに渡され、2004年に売却されました。アルコールに専門的に従事しているコニャック市のフランソワ・ティボーは、アルコール飲料のレシピを改善しました。その結果、この製品は、レモン、チェリー、シナモン、オレンジ、バニラ、メロン、キャラメルの香りで、いくつかのバリエーションで市場に出回っています。同社は、オリジナルから逸脱しないようにフレーバーの範囲を拡大する予定はありません。この種類のウォッカの作成年は1997年です。

    意味と歴史

    グレイグース・ロゴの歴史

    SFIC(Sidney Frank Importing Co.)の創設者兼CEOであるSidney Frankは、1990年代後半にユニークなプロジェクトを発表しました。彼のコンセプトは、アメリカ市場向けの高級ウォッカを作ることでした。この目的のために、同社は有名なコニャック生産の巨匠フランソワ・ティボーとパートナーシップ契約を締結しました。コニャックに関する彼のすべての知識を使用して、彼はそれらをウォッカに適用しました。

    特に、米国の消費者向けのグレイグースの生産拠点としてフランスが選ばれました。このヨーロッパの国は料理のルーツが強いので、そのアルコール製品は他の国よりも際立っています。基礎となる水は天然水から取水しています。蒸留用の小麦は地元の農家から供給されています。フィルターとして石灰石を使用しています。その結果、ウォッカが登場してからわずか1年後、飲料試験所はウォッカを世界で最もおいしいと認めました。

    その後、バカルディが米国市場で製品を販売するためにブランドを買収したため、米国に移転しました。このイベントは2004年に開催されました。当時、150万ケース以上のウォッカが販売され、グレイグースは最も人気のあるプレミアムブランドになりました。アルコールは、飛行中のフランスのガチョウを描いたオリジナルのスモークガラス瓶に詰められています。合計3つの固有のラベルが知られています。

    1997 – 2013

    グレイグース ロゴ 1997-2013

    デビューロゴは、両端に広がる独特のセリフが付いた黒い文字のセットでした。アルコールブランドの名前は、白い背景に大文字で書かれていました。看板は大きくて大胆だったので、「O」エリアには孤独なガチョウの細い輪郭がはっきりと見えました。 「グレイグース」というフレーズの各文字には、薄い薄い灰色のストライプがあり、立体的な効果を生み出す微妙な影で補完されていました。

    2013 – 2019

    グレイグース ロゴ 2013-2019

    2013年に、開発者はロゴを近代化しました。文字間のスペースを拡大し、碑文を青で塗り直し、ガチョウのシルエットを拡大して少し高くしました。さらに、GrayGooseのエンブレムに新しい要素が導入されました。たとえば、「ウォッカ」という単語(正確に中央に配置されていた)と、フランスの国旗の色の3つのセグメントで構成される小さなストライプ。デザイナーはまた、明るい背景に対して鳥を目立たせるために鳥を灰色にしました。

    2019–現在

    グレイグース ロゴ 2019

    ロンドンのブランディングエージェンシーRaggedEdgeが新しいエンブレムの作成に参加しました。デザイナーは、文字のサイドストライプを削除し、影を削除することで、それをモダンにしました。このようにして、どのメディアでもはっきりと見えるように、当時の要件を満たすシンプルでスタイリッシュな碑文を手に入れました。さらに、フォントを少し変更して優雅なスタイルを選択し、ガチョウを上に移動してテキストから分離しました。これで、描かれた青い鳥は独立したアイコンのように見えます。

    再設計にもかかわらず、フランスのウォッカは常にそのラベルに空飛ぶガチョウを特色にしてきました。初期のバージョンでは白く塗られていましたが、後のバージョンでは灰色でした。ロゴの歴史の真ん中あたり、それはフランスの国境をはるかに超えて供給されたので、それはアルコール飲料の生産国にリンクし始めました。状態トリコロールのトーンで3つのカラーセグメントに分割された下部ストリップについて話しています。

    エンブレムフォントと色

    グレイグースのロゴに使用されている書体は、AlbertusRomanと呼ばれています。これは、グリフセリフを使用したアールデコ書体です。著者はデザイナーのベルトルト・ウォルプで、モノタイプのロンドン支部のために作成し、ドイツの神学者で哲学者のアルベルトゥス・マグナスにちなんで名付けました。

    アルコールブランドのエンブレムのコーポレートパレットは変更されていません。落ち着いた色合いで構成されています。その中の赤でさえ、控えめで抑制されているように見えます。現在の配色には青と白が含まれています。初期のバージョンは黒と灰色が主流でした。