グラント・ロゴ

    グラント・ロゴ

    Grant’sは、スコットランドの会社William Grant&Sonsが、Girvan蒸留所から供給されたライトグレインウイスキーをベースに製造したブレンデッドウイスキーのブランドです。さまざまな材料と混ざり合い、フルーティー、スパイシー、ハチミツ、モルティ、クリーミーなどがあります。フルレンジには、スピリッツ25、18、12のほか、シェリー樽、エール樽、家族保護区が含まれます。 1957年以来、ウイスキーは断面が三角形のブランドボトルに瓶詰めされており、その形状はドイツのデザイナー、ハンスシュレガーによって開発されました。その後、わずかに修正され、近代化されました。

    意味と歴史

    グラント・ロゴの歴史

    1886年、ウィリアム・グラントは会計士として蒸留所で働きました。 Pattison’s(当時最大のスコッチウイスキーのサプライヤー)が破産したとき、Grantは彼自身の生産を開始し、彼の姓にちなんでブランドに名前を付けました。彼はダフタウンにグレンフィディックと呼ばれる中小企業を設立しました。彼は7人の息子と2人の娘、そして夫によってビジネスを手伝われました。義理の息子の一人が極東とオーストラリアに製品を供給しました。 1909年に、彼は1年間そこにアルコールを持ち込みました。

    それから1915年にスコッチウイスキーが2年間熟成し、その後販売されなければならないという規則がありました。多くのワイナリーは、それを買う余裕がなかったために破産しました。しかし、グラントの蒸留所は根気強く、常に供給があり、倉庫に保管されていたため、24か月間ウイスキーに耐えることができました。連続生産は停止していません。

    ウィリアム・グラントが亡くなったとき(彼は1923年に亡くなりました)、家業は完全に確立され、堅実な収入をもたらしました。 1979年、グラントのブレンデッドウイスキーの販売は100万ケースに達しました。現在、ブランドは会社のように、この家族の手に完全に集中しています。グレンゴードンの現在の頭は王朝の5番目の代表です。また、ブランド製品は世界180か国以上に供給されています。 2020年上半期に、同社はこのアルコール飲料を410万ケース販売しました。

    2002年、同社はラベルとボトルを更新しました。その結果、ガラス容器が修正され、会社のエンブレムとスローガン「StandFast」がステッカーにエンボス加工されました。さらに、後のデザイナーはそれに「Est。 1887年」と「5世代の独立した家族蒸留所」というフレーズ。

    1950年代 – 2015年

    グラントロゴ 1950-2015

    エンブレムは、強力な枝のあるオークを示しています-古代王朝と強い家族の象徴です。木にはたくさんの枝と無数の葉があります。その下には、大きな太字で印刷されたブランド名があります。フォントはセリフ付きでクラシックに印刷されています。上部と下部は、3つのセグメントから組み立てられたオープンリングによって結合されています。この形は象徴的なボトルから着想を得ているため、ラベルの画像は、その形に沿って、角が丸い三角形の輪郭で囲まれています。さらに、ロゴはモノクロです。わずかな金色の色合いで完全に作られています。

    2015 – 2018

    グラントのロゴ 2015-2018

    2015年には、ロゴの全面的な近代化が行われました。その結果、「Grant’s」(上に印刷)と「StandTogether」(下に手書き)の白い碑文が付いたバーガンディの正方形の形でロゴが更新されました。設計者は、角が丸い三角形を削除し、2つの金色のアーチに変えました。ブランドのスコッチウイスキーの名前の上に、彼らはグラント家紋を配置しました。これは、五角形の盾を持っている2人の男性をはっきりと示しています。

    2018年–現在

    グラント・ロゴ 2018

    アイデンティティをさらに更新した後、蒸留所会社のGrant’sは最小限のロゴを使用しています。大きなブラックプリントのブランド名とゴールドの家紋が特徴です。一般的な家族のサインのすべての要素は同じままでした:盾を持って、「立つ」と「速い」という言葉でプラットホームに立つ2人の男性。さらに、企業の設立年はエンブレムに表示されました-「Est。 1887″。

    その進化は、ぎくしゃくしたものではなく、徐々に進行しました。蒸留所のアイデンティティに基本的な変化はありませんでした。すべてのモチーフは、主に紋章学、歴史的出来事、および名前に関連していました。最初は開いた三角形を象徴し、最後に2つの逆三角形に変わった曲線に特に重点が置かれました。

    エンブレムフォントと色

    Grantのロゴには、いくつかのテキスト要素が含まれています。最大のレタリングは、マンチェスターとアルターヘッドレターのクロスに似たエレガントな書体です。これは、幅の広い線と細いセリフを備えた古典的なセリフです。配色に関しては、それは安定しています:それは常に金色で、黒、白、そして時にはバーガンディで補完されます。