Google Playロゴ

    Google Playは、Androidプラットフォームで実行されるモバイルデバイス向けのデジタルコンテンツを配信します。以前はAndroidマーケットと呼ばれていましたが、2012年に名前が変更されました。ポータルを使用すると、開発者はアプリケーションを公開し、ユーザーはそれらを個人のデバイスにダウンロードしてインストールできます。映画、音楽、本、その他のメディアファイルもここにあります。

    意味と歴史

    Googleがサービスのグラフィックアイコンをカスタマイズすると、すべての製品を統合する一貫したアイデンティティが作成されました。そのため、Google Playのロゴは、モダンなデザインになるまで進化してきました。

    2008 – 2011

    2008年に、オンラインストアのAndroidマーケットがGoogleファミリーのアプリケーションに追加されました。そのエンブレムには、人気のあるオペレーティングシステムに関連する要素があります。緑色のロボットと灰色の「android」の文字で、開いた文字のカスタムフォントが使用されていました。 OSの名前の下に「市場」という緑色の言葉がありました。最初に目を引いたのは、丸みを帯びた角とぼやけた形でした。テキストの左側には、2つの黒いハンドルが付いた白い買い物袋とおなじみのロボットの画像がありました。

    2011 – 2012

    発売から3年後、アプリストアはロゴデザインを近代化しました。 「AndroidMarket」というフレーズに新しいフォントが選択されました。シンプルでサンセリフです。同時に、色が逆になりました。最初の単語は緑色になり、2番目の単語は逆に灰色になりました。ロボットバッグが拡張されました。上部が暗くなったため、中央が曲がっているように見えました。

    2012 – 2015

    ブランド変更後、Androidマーケットポータルの名前がGoogle Playに変更されたため、古いアイコンは関連しなくなりました。デザイナーは、Googleロゴでおなじみの最初の単語に同じフォントを使用して、ロゴにサービスの新しい名前を付けました-セリフ付きのCatull。 「戯曲」はサンセリフ文字で書かれました。左側は再生ボタンのシルエットで、青、赤、オレンジ、淡黄色の4色で描かれています。グラデーションは3D効果を作成しました。

    2015 – 2016

    GoogleがProductSansを支持してCatullを捨てたため、フォントは2015年に変更されました。その結果、両方の単語のスペルが同じになりました。丸みを帯びた三角形のアイコンは同じままでしたが、長くはありませんでした。このバージョンは2016年4月まで使用されていました。

    2016 – 現在

    最新のロゴの再設計により、色が公式のGoogleパレットに近づきました。グラフィックにグラデーションがなくなりました。パターンは、青、緑、黄色、赤の鮮やかな色合いで色付けされた4つの明確に定義されたセグメントで構成されています。前と同じように、碑文は灰色です。

    エンブレムのフォントと色

    オンラインストアの現在のロゴは、他のGoogleサービス(音楽、ゲーム、本、映画)のアイコンに似ています。それぞれに、再生ボタンのカラフルなシルエットと、メディアの種類を示す特定の記号が含まれています。グーグルプレイだけが三角形のボタンに何もありません:それがなくても十分に明るいです。

    2015年以降、アプリケーションの名前はProduct Sansで記述されています。これは、親会社のロゴのGoogleロゴに使用されているのと同じフォントです。 「e」が膨らんだ流線型のサンセリフ書体です。

    色のセットは、Googleのアイデンティティとも一致します。赤(#ff3333)、黄(#ffd400)、薄緑(#48ff48)、シアン(#3bccff)が含まれます。