Google Cloudロゴ

    Google Cloudブランドは、統合されたサービススイートに90を超える製品をまとめています。具体的には、クラウドプロバイダーは、コンピューティングプラットフォーム、データベース、機械学習サービス、管理ツール、堅牢なセキュリティソリューション、APIなどを提供します。 Google Cloudの一部は、オフィススイート、ビデオテレフォニー、ストレージ、カレンダー、メールを備えたGoogleWorkspaceでもあります。

    意味と歴史

    2008年に、Google App EngineWebフレームワークがリリースされました。これはアプリケーションとサイトを開発するための環境です。この瞬間は、新しいサービスが作成されるにつれて進化するため、クラウドプラットフォームの歴史の出発点になりました。さらに、すべての製品(古いものと最近登場したものの両方)には、一般的な企業デザインに従属する独自の認識可能なスタイルがあります。

    Google Cloudには、親会社の企業フォントと配色に基づいたロゴもあります。カラフルな雲のイメージとミニマルなグレーのレタリングで構成されています。 「Google」と「Cloud」という言葉は、線の太さの違いを除いて同じように見えます。名前の前半は太字であるため、暗く表示されます。したがって、2つ目は、ストロークが細いため、明るく見えます。

    テキストはアイコンの右側にあり、サイズが一致しています。少なくとも首都Gは、上下からわずかに突き出ている雲よりもそれほど小さくはありません。 Googleは、プラットフォームを設計する際に対称性の原則を順守しており、これはGoogleCloudのロゴに反映されています。すべてのコンポーネントはバランスが取れており、形状が調整されています。

    このシンボルはブランドの本質を明らかにしているため、グラフィックサインは雲に似ていると予想されます。しかし、それは標準的には見えません。アウトラインとカラーパレットの両方がGoogleの企業スタイルに対応しています。この画像は、内部にギャップがある複雑な要素に相互に接続されたマルチカラーのセグメントで構成されています。曲線は、子供たちが雲を描くときに雲の輪郭を形成します。この場合、オレンジ色のストライプは、閉じた幾何学的図形の境界を超える自由端を持っている唯一のものです。曲線は文字「G」の上半分に似ています。

    エンブレムのフォントと色

    製品を合理化しようとするとき、親会社は常に同じフォントを選択します。したがって、Google Cloudロゴの碑文は標準です。これは、NeuzeitGroteskとFuturaに基づいて作成されたブランド名ProductSansで作成されています。 Geometric sansは、多数のGoogleサービスのワードマークで使用するために2015年に開発されました。

    デザイナーは「e」の文字の形だけを変えて、水平線を斜めにしました。 45度の傾斜は、「G」、「g」、「C」のエッジがカットされる角度に対応します。小文字と大文字の組み合わせにより、フォントの独創性を明らかにすることができます。丸い形とセリフの欠如は、ユーザーの個人的な要件への適応から新しい技術ソリューションの作成に至るまで、あらゆる外部条件へのサービスの適応性を示唆しています。

    ロゴの色はGoogleパレットから取得されました。 「G」のように見えるセグメントはゴールド(#FFD400)、雲の上部は赤(#FF3333)、右側は青(#3BCCFF)、下部の小さなセグメントは薄緑(# 48FF48)。レタリングには、デザイナーはダークシャトルグレー(#61666B)と同様のグレー(#5F6368)を選択しました。