Google Adsenseロゴ

    Google Adsenseロゴ

    AdsenseはGoogleによって作成されたサービスです。 2003年にコンテンツターゲット広告を配置するために最初に使用されました。提示されたサービスはソフトウェアに基づいており、その主なタスクは、クエリに関連するWebサイトに広告ブロックを配置することです。グーグルアドセンスと相互作用するウェブサイトの所有者は彼らの資源の広告バナーでなされたクリックのために利益を得る。クリック単価は、テーマやサービスの独自性によって異なります。リクエストの人気が高いほど、コストは低くなります。

    意味と歴史

    Google Adsenseロゴの歴史

    グーグルアドセンスとは何ですか?

    世界的に言えば、これはGoogleが立ち上げた最も成功したプロジェクトの1つです。法人の総収入の約25%は、提示されたサービスの仕事に費やされます。

    アドセンスの存在の短い時間の間に、そのロゴは数回変更されました。実際、このサービスの名前は、そのコーポレートカラーで世界的に有名な「Google」ブランドを補完するものでした。プロジェクトの開発のすべての段階でロゴを作成する際の簡潔さとミニマリズムは、偶然に選ばれたわけではありません。したがって、同社はこのサービスがあらゆるニーズと目標に関連していること、つまり時代を超越していることを示しようとしました。

    2003 – 2015

    グーグルアドセンスロゴ2003-2015

    GoogleAdsenseのロゴの最初のバリエーションは12年間続きました。左側に、著者はロゴを何も変更せずに、会社の名前を直接配置しました。つまり、ユーザーは、青、赤、オレンジ、黄、緑を含む企業のカラーパレットを観察できます。さまざまな色の明るい色合いは、Googleの多様性を示しています。これはプロジェクトにも当てはまります。右側はサービスの名前です。すべての文字は黒で書かれており、「A」と「S」のみが大文字です。視覚的には、ロゴを分析すると、2つの単語は互いに関連していない、つまり独立しているように見えます。

    2015年

    グーグルアドセンスロゴ2015

    グーグルアドセンスの発売から10年以上後、同社はロゴを変更することを決定しました。サービスの名前は、作者によって単一のスタイルに持ち込まれました。すべての文字は黒で行われました。碑文の作成にはクラシックフォントが使用されましたが、Googleの文字には太い線が使用されています。名前を変更することに加えて、作者は左側にアイコンを追加しました。それは、右に斜めに回転した2つの長方形のブロックで構成されていました。左側には、小さな青いブロックに押し付けられたオレンジ色のブロックがありました。このバージョンのロゴは長くは続かなかった。ただし、2018年までは、さまざまなバリエーションのアイコンが個別に使用されていました。

    2015 – 2018

    GoogleAdsenseロゴ2015-現在

    この段階で、Googleは視覚的な変更を少し加えて元のバージョンに戻すことを決定しました。アドセンスの名前の文字は軽くなりましたが、作者は太字のフォントを使用してそれらを書きました。その結果、「Google」という言葉の量が減りました。したがって、ロゴの作成者は、両方の要素の重要性を等しくしています。以前のバージョンとは異なり、会社名のクラシックな配色がこのバージョンに再び追加されました。一部のリソースでは、このバージョンのロゴが2022年に使用されています。

    2018-現在の時刻

    グーグルアドセンスロゴ2018

    現在のロゴは2015年のロゴに近いです。タイトルブロックの違いは、すべての文字が太字の黒であるということです。また、上部にエンブレムを追加しました。また、2つの長方形のブロックで構成されており、その角はわずかに丸みを帯びています。ただし、この場合、オレンジと青のブロックは互いに押し付けられていませんが、離れています。さらに、オレンジ色のブロックには下部にボールが含まれています。

    エンブレムフォントと色

    Google Adsenseのロゴのほとんどすべてのバリエーションで、作者は古典的なTimes NewRomansans-serifフォントを使用しました。同時に、期間によっては、特定の要素の重要性を強調するために太字を使用することもあります。著者はロゴを簡潔にしようとしましたが、同時に企業の現代性と、市場で宣伝しているサービスを伝えています。

    どの段階でもロゴにあるサービスの名前は黒で表示されていました。同時に、会社の名前には、青、緑、赤、黄色、オレンジなどの古典的な色のパレットが含まれていました。したがって、著者はユーザーに前向きな感情を呼び起こそうとし、コンテンツターゲット広告に関係のないタスクを含め、あらゆる種類のタスクでユーザーを支援する準備ができていることを示しました。