ゴールドウェルロゴ

    ゴールドウェルは、さまざまな化粧品開発で300件の特許を取得した革新的なドイツのブランドです。それは、ハンス・エリック・ドッターが設立された1948年以来のことです。 1994年に日本の懸念花王株式会社に買収されました。現在、このブランドはケア製品と高級染毛剤を代表しています。

    意味と歴史

    他社のリーダーシップの下での移行にもかかわらず、ブランドは依然としてその個性を保持していました。彼は彼のキャリアの中で、ファン市場で彼を非公式に表す1つのロゴを持っています。

    個人の商標記号は、グラフィックとテキストの調和のとれた組み合わせです。ロゴはそれを意味のある形で表しています。会社名、色付きの四角、スローガンで構成されています。一番上の行には「GOLDWELL」という大きな単語があり、その隣には幾何学的に正確な正方形があります。これは、ブランドの活動の直接的な方向性を示しています。これは、染毛剤の色をマークするために使用される古典的な広告看板です。以下は、会社のモットーであるテキストの2行目を区切る細い線です。下部には「スタイリストに近い」と書かれています。髪に近い。」、メーカーのコンセプトを伝えています。

    エンブレムのフォントと色

    ロゴには、サンセリフカテゴリの2種類のフォントが含まれています。幅の広い線(上の単語)と細い縞模様(下のキャプション)です。前者の場合、文字は互いに近接して配置され、後者の場合、それらは広い内訳を持っています。すべての要素はフルカラーで色付けされています:テキスト-濃い灰、正方形-赤と赤。