GoFundMeロゴ

    GoFundMeは、米国のクラウドファンディングプラットフォームであり、祝賀会、運営、その他の重要な状況に関連するさまざまなイベントのために、一般の人々が資金を調達できるようにします。彼女は2010年の春にサンディエゴ(カリフォルニア)に現れました。このサービスは現在、同じ州のレッドウッドシティーに拠点を置いており、ダブリンと彼女の故郷に集中している2つのオフィスがあります。会社の創設者はブラッド・ダンフースとアンドリュー・バレスターです。

    意味と歴史

    実際、このサービスは2010年ではなく、2年前の2008年に設立されました。当時は別の名前でした-CreateAFund。これはまさにDamphousseとBallesterがそれを考案した方法です。数多くのデザインの更新と機能の改善の結果、ウェブサイトの名前はGoFundMeに変更されました。

    ローンチ後、クラウドファンディングプラットフォームは、独自のロゴだけでなく、幅広い地域をカバーしました。現在、米国に加えて、スペイン、オランダ、イタリア、アイルランド、ドイツ、フランス、オーストラリア、カナダ、英国など、多くの国の居住者が利用できます。開業から2020年まで、1億2000万人からの寄付を通じて90億ドル以上の資金調達に貢献してきました。

    2015年の夏、同社の創設者は、Technology CrossoverVenturesとAccelPartnersに支配権を売却し、Webリソースの監督を放棄しました。これらすべてがアイデンティティに影響を与えることはなく、2017年の冬にCrowdRiseの購入でGoFundMeが拡張されるまで、元の外観を長期間保持していました。 1年後、ロゴが再設計されました。クラウドファンディングプラットフォームには2つあります。

    2010 – 2019

    デビューエンブレムはとても魅力的なスタイルで作られています。丸みを帯びた文字は、まるで保護シェルに「包まれている」かのように、落ち着きと信頼感を呼び起こします。ロゴは、テキストとグラフィックの2つの機能領域に分かれています。 1つ目は、グロテスクな合理化されたフォントで作成されたサービスの名前を含みます。碑文は小文字にあり、関心のある各人にサービスが利用できるかどうかを示しています。

    「gofundme」という言葉は、色によって3つの部分に分けられます。「fund」(中央)-薄緑色、「go」、「me」(始まりと終わり)-銀色。その際、高さ「f」と「d」は左右のバランスを取り、中央を強調します。文字の周りには一種の「バッファレイヤー」があります。これは、輪郭がトリミングされているために表示されました。これは、グラフィック要素にまたがる薄い灰色のストライプです。

    タイトルの右側は昇る太陽のイメージです。これは、3つの幅の広いビームを備えたオレンジ色のハーフディスクです。側線は長く、中央線は短い。アイコンは音節「私」の上にあります。

    2019 – 現在

    現在のロゴは、以前のエンブレムの改訂版です。加えられた変更は軽微ですが、それらのおかげで、クラウドファンディングプラットフォームのアイデンティティがよりシンプルになりました。この変革の目標は、サービスを受けるのがいかに簡単かを示すことです。柔らかな色と「ふっくらとした」シェルで表現された過度の親しみやすさは、デザイナーが拒否しました。彼らはすべての要素の周りの細い輪郭を取り除き、広い「保護」スペースを残しました。開発者はまた、緑の色合いを変更し、ロゴから灰色とオレンジ色を削除しました。

    エンブレムのフォントと色

    変更は、余分なものをカットするという原則に従って行われました。したがって、最終的にはミニマルなバージョンがありました。ロゴの進化の過程で、細い縁取り線と過度の明るさによって形成された広い白いスペースがロゴから削除されました。今ではそれ自体がひねりを加えた実用的なシンボルです。サイトでも広告メディアでも同じように見栄えがします。

    GoFundMeロゴのスタイルは変更されていません。書体は、市販のJoya Sans Boldに似ています。滑らかで、みじん切りで、丸みを帯びています。最初のロゴの配色は、緑#5ea800、灰色#919191、オレンジの2つの色合い(#ffa13dと#ffbc53)の豊富なパレットで構成されています。しかし、最新バージョンはより制限されています。緑の#01bc66のみを使用します。