GEICOロゴ

    GEICOロゴ

    このようなアメリカの民間保険は、長い歴史を持っている。代表的なのはGEICOという代理店で、Government Employees Insurance Companyの頭文字をとったものである。1936年に設立され、自動車および公務員や軍人など保険リスクを最小限に抑えたグループ向けの保険を提供することを目的としています。現在では、ネブラスカ州に本社を置く最大手の持株会社バークシャー・ハサウェイの傘下に入り、その分野で幅広いサービスを提供しています。

    参入以来、イメージやロゴを何度も変更し、より魅力的で印象深いものにしてきました。不況とオーナーチェンジを経て、1978年に開発された最新版は、色の変更と、基本的で不変の要素に「負荷」をかけるために目を引くオリジナルキャラクターを追加した以外は、劇的な変化はない。

    意義と歴史

    ガイコーロゴの歴史

    1930年代の世界恐慌のアメリカで、新しい会社が生まれるというのは、経済的に厳しい状況を誤解しているとしか思えず、ただただ不条理な話であった。1936年、グッドウィン家は、自動車、公務員、兵役義務者などを対象とした保険会社を設立し、世間の常識に反して、勇気と先見性を発揮した。

    1948年、ロリマー・デビッドソン(Lorimer Davidson)が入社。投資銀行家として、家族の友人が新しい投資家を会社に呼び込むことで、投資の背景を新しくすることができた。その一人がベンジャミン・グレアムで、彼は後に、起業家で多くのアメリカ企業に投資しているウォーレン・バフェットと運命的な出会いをすることになる。1965年にバークシャー・ハサウェイの大株主となり、さまざまな企業の株を買い集め、1976年には約100万株を取得してGEICOを倒産の危機から救ったのが彼である。

    1951年、バフェットが初めて政府職員保険会社の株式を取得。

    1958年には、早くもロリマー・デビッドソンが、引退を決意したグッドウィンの後を継いでいる。

    1959年にはメリーランド州チェビーチェイスに本社を構え、20年にわたる保険事業の成功に支えられ、現在に至っています。

    60年代に入っても順調に成長を続け、アメリカ各地に次々と新しいオフィスを開設していった。

    しかし、70年代前半は不幸の前触れだった。グッドウィン家の終焉と新経営陣の誤った政策により、危機的状況に陥ったのだ。1976年、同社の株価は61ドルから2ドルに下落した。この危機的状況に、バフェットは45,713ドルを投じて救済に乗り出した。

    この惜しみない投資と、慎重なアンダーライティングのおかげで、GEICOは存続できただけでなく、1980年代に入っても拡大を続けたのである。

    1993年、新会長兼CEOのオルサ・ネズリーは、資金の大部分を広告宣伝費に回した。彼女の動きは、会社の知名度を上げることで、顧客の流入を倍増させることに大きな成果を上げた。バフェット氏は、1995年に残りの全株式の取得を申し出、1996年にはGEICOをバークシャー・ハサウェイの傘下に収めた。

    新オーナーは、積極的に広告活動を開始した。代理店の新しいイメージとビジュアル化の開発、メディア、テレビ、インターネットでのプロモーション、全国の郵便受けへの大量投函などにより、2000年にはほとんどテレビ画面から消えることのなかったGEICO Gecko®ブランドが普遍的に認知されるようになったのです。会社のロゴはどこにでもあり、一種の広告のアイコンとして、最も印象に残るロゴになった。2004年につくられた同社のウェブサイトgeico.comも、「Geico.comは原始人でもできるほどシンプル」というキャッチフレーズで、あらゆるところで宣伝された。

    現在、GEICOは毎月の売上高を記録し、常に成長を続けている企業です。1978年に作られたエンブレムをベースにしたオリジナルのブランド・アイデンティティもその一翼を担っています。こうすることで、会社の認知度を高め、成功した歴史へのコミットメントを示すことができるのです。同時に、根底にあるテーマにオリジナルの付加価値をつけることで、より魅力的で印象的な作品に仕上げています。

    1936 – 1951

    GEICOロゴ 1936-1951

    当時の広告やグラフィック技術の水準からすると、会社のロゴは極めてシンプルなものであった。黒を基調とし、グラフィックは一切ない。テキストのみです。GEICO “の文字を右肩上がりにし、三角形のグレー色の逆コンマで囲んだものである。その下に小さな大文字で「Government Employees」、その下に「Insurance Company」とフルネームが2段に並んで印刷されていた。

    1951 – 1974

    GEICOロゴ 1951-1974

    1951年、官公庁との差別化を図るため、官公庁と同じ責任と安定を視覚的に伝えることを目的に、官公庁の看板を模したスタイルに変更した。丸みを帯びた台座にナショナルイーグルを配したロゴは、「星条旗」の形で、円周上に7つの星-上部で、端に向かって小さくなる-と、その続きには、会社のフルネーム-を刻んでいる。鷲の台座の下には「国家公務員」と書かれた旗が掲げられている。1969年には、円の下に黒い輪郭を持つ長方形のパネルが追加された。ここでは、社名の略称が大きな大文字で印刷されていた。

    1974 – 1978

    GEICOロゴ 1974-1978

    ロゴが大きく変わります。上辺が下辺と平行で、やや長めの図形をモチーフにしたグラフィックが特徴です。2つの側面は長さが等しく、平行である。上部の輪郭から平行な側面への移行部を除いて、すべての角が丸みを帯びており、小さな接続部分がある角度でつながっています。下側の輪郭の中央部は下向きの矢印になっており、数学の「和」の記号を連想させる。内側の余白には、ほぼ全面に黒文字で社名が書かれています。その下には、黒い小さな大文字で「AND AFFILIATES」と書かれており、会社が拡大し、すでに子会社が存在していることを通知している。

    1978年~現在

    GEICOロゴ 1978

    モダンなロゴをデザインする際、不変の黒色から脱却することが決定されました。太字で書かれた名前の略称であるテキストのみが使用されました。応募の過程で、場所によっては、例えば最初のCMでは、フォントの色が黄色に変化している場合があります。1996年には、略号の下に白字でDIRECTと書かれたものもありました。プロモーションでは、本文の下に小さな文字でリソースへのリンクを貼ったバージョンを使用しました。1998年から2005年までは、緑とグレーの組み合わせに、頭にオレンジ、目に黒を配した元気なトカゲがフルカラーで文字に描かれていたのですが、2005年からは、緑とグレーの組み合わせに、頭にオレンジ、目に黒を配した元気なトカゲが文字に描かれています。文字の上に乗るか、最初の文字に寄り添って文章の左側に立つか。また、ハロウィンにちなんで、最後の「o」の字をカボチャの頭の形にしました。また、スマートフォンのアプリで、独自のバッジを「ゲット」したものもあった。

    ロゴのフォントとカラー

    現在でも通用する最終的なロゴは、社名の略称である文字だけを表示したものです。ダークアズールの太字のPro Bold Extendedフォントで書かれています。O’の下に®マークがあります。印刷物だけでなく、デジタルテレビ、インターネットなどで使用する際にも、できるだけ簡潔で読みやすいロゴを使用しています。後者は、最先端技術を駆使して画像を少し作り直したことが決め手となりました。このバリアントは、企業の著名性が注目を集めるために追加のビジュアル要素を必要とせず、十分に認知され、記憶されやすいことを示すものである。

    スマートフォンの登場により、モバイル版のウェブサイトを開発し、会社の事務所に行ったり、代理店に電話したりすることなく、フィードバックを簡素化することが求められています。アプリは、ブランド名のスタイルを残したシンプルなアイコンをデザインして作成しました。アイコンは角が強く丸みを帯びた四角形でデザインされています。その空間は、ロゴの特徴である濃い紺碧の色で埋め尽くされています。中央には、Pro Bold Extendedフォントのロゴの頭文字 “G “を白抜きで配置しました。