ゲームキューブのロゴ

    ゲームキューブのロゴ

    今の大人で任天堂製品を知らない人はほとんどいないでしょう。2001年から2002年にかけて発売されたニンテンドーゲームキューブは、当時世界的に普及していたNINTENDO64に代わる第6世代の家庭用ゲーム機として登場しました。ソニーの「プレイステーション2」やマイクロソフトの「Xbox」といったゲーム機の怪物と世界市場で競争できるゲーム機を作ることに成功したのである。任天堂のラインアップの中で、初めてデータの読み取り方式を変更し、光ディスクが使えるようになったモデルである。ゲーミングMiniDVDのみ使用。コントローラ、豊富なソフトウェアツール、高いグラフィックス性能とビデオ性能を特徴とした。しかし、機能が限定されていたこともあり、予想外に売れず、わずか6年で生産中止となった。

    発売から販売終了までの7年間、すべての新型ゲーム機と広告には、ゲーム機のフルネームを表示した縁のない立方体のロゴが使用されたのである。その結果、ネーミングの斬新さとグラフィカルな解釈をアピールすることができ、製品として認知されるようになりました。

    意義と歴史

    ゲームキューブのロゴの歴史

    ゲーム機の歴史は、NINTENDO64が完成した1997年に始まりました。開発チームは次の段階として、Wei Yen博士が率いるグラフィックス専用ハードウェア会社ArtXに移った。1998年には、任天堂と共同で第6世代プロセッサーの開発を開始。翌春には、「ドルフィン」という新プロジェクトを発表した。

    2000年4月、ATIはArtXを買収した。しかし、プロセッサはすでに完成の域に達していた。そのため、新しいオーナーが手を加えることはなかった。

    ゲーム機の正式名称「ゲームキューブ」は、2000年の日本の記者会見で初めて発表されました。その中で、メーカーが本体発売時に初めてスーパーマリオのデモを投下した。

    新型ゲーム機のマーケティングプロモーションは、2001年のE3発表時に「The Nintendo Difference」という新しいスローガンを開発し、適用することから始まった。その後、マーケティングスローガンは変更されることになる。これで、「Born to Play」と読めるようになりました。回転する立体的なキューブをロゴとして使い、文字に変換して「GameCube」とし、名前は淑やかな女性のささやき声に翻訳する。

    1999 – 2000

    任天堂ドルフィンロゴ 1999-2000

    また、同名のプロジェクトに敬意を表し、Windows、Linux、MacOS、Androidで使用できるゲームキューブ用エミュレータ「ドルフィン」を無償で公開しました。1999年から2000年にかけて、ゲームキューブの発売前ロゴだったイルカです。胴体の横は濃く、背中は明るい青色で、太陽の光が降り注いでいるような「コーンフラワー」色で跳躍する姿が描かれているのである。ボディよりやや低く、テールの一部にオーバーレイを施したのは、社名であるロゴの伝統的な赤のエレメントである。ロゴマークは、発売前に人気を博した「NINTENDO64」「ゲームボーイカラー」のスタイルを踏襲しています。

    2001 – 2008

    ニンテンドーゲームキューブロゴ 2001-2008

    2001年、ゲーム機「ニンテンドーゲームキューブ」の発売に合わせて、このロゴが最終形となり、この間、すべての広告や製品パッケージに使用された。

    ロゴのフォントとカラー

    ゲーム機の公式ロゴの特徴は、ゲーム機の名前の最初の2文字であるGとCを立体的に表現したオリジナルデザインの立方体であることだ。これは、素子を適切な角度から見るとわかる。キューブは、濃く艶やかなパープルブルーから薄くスモーキーなホワイトへのグラデーションの切り替えで作られており、キラキラとしたメタリックな効果が得られます。

    その傍らには、キューブの高さに沿って厳密には2列の黒い文字でテキストが印刷されています。一番上は “Nintendo “と書かれています。一番下・ゲームキューブ。下の文字には太いフォント、上の文字には細いフォントが使用されています。 最後の文字の下の要素の続きには、それと同じ線上に小さなTMマークが表示されている。言葉は互いに関連して中央に配置されます。