銀河帝国ロゴ

    銀河帝国ロゴ

    銀河帝国は、『スター・ウォーズ』に登場する共和制をとる星系架空国家です。1977年の映画で初めて登場した。その後、1980年、1983年、2021年の3回、テレビの続編で言及された。オートクラシーは、銀河共和国の19BBYによって作られ、ファンタスティック・シネマティック・ユニバースの重要な敵対派閥となった。このロゴは、衣装デザイナーのジョン・モローがデザインしたものです。

    意義と歴史

    ロゴマーク 銀河帝国

    最高議長であるシーブ・パルパティーンによって、権威主義的な大国が正式に宣言されたのである。そのきっかけは、ジェダイの罷免に失敗し、その後、当時の銀河共和国においてジェダイ騎士団が消滅したことであった。これが、銀河帝国を形成するための政治・行政の舞台となった。クローン戦争の混乱と荒廃の中で、共和国は本質的に解散した。不届き者の虐殺の後、パルパティーンは自らを皇帝と名乗り、銀河共和国を銀河帝国に変えた。

    国章は、同じ大きさの6本のストライプが異なる方向に分岐した丸いシンボルマークが選ばれた。中央に配置された円と合わせて、光線を放つ太陽のようであり、新しい政治構造の権威主義的、独裁的な性格を確認することができる。シーブ・パルパティーンは、制服、選挙ポスター、旗、宇宙船など、触れることのできるもの、触れることのできないものすべてにこのマークをつけていた。

    銀河帝国の特徴的なマークの原型は、クローン戦争の時に銀河共和国の紋章として採用したものである。しかし、直接コピーしたわけではなく、改造したものである。オリジナルでは8角形の丸い形をしており、そこから6つのハブが残っている。実際には、伝説的なテレビシリーズの2作品の衣装デザイナーであるジョン・モロがデザインしたものである。

    紋章が表すフォーメーションの拮抗とは裏腹に、一度にいくつものポジティブな連想を抱かせる。1つ目は強固な保護に包まれた太陽、2つ目は船の舵(ヘルム)、3つ目は複雑な機構の歯車である。この紋章は皇室旗の中央に位置している。

    同時に、紋章は、リアル(描かれたもの)とネガティブ(描かれた要素から透けて見えるもの)の2つの空間によって区別されます。この芸術的な工夫によって、曖昧な表現になっているのです。看板の真ん中が空いているように見えます。その周囲には、下水道のマンホールのような複雑な形状をした黒い巨大な建造物がある。細いフレームと6本の短い線で結ばれています。

    そして、アウトラインは主要な要素から少し離れたところに配置されているので、このロゴがハンドルやステアリングを連想させるのはそのためです。特に、紋章のディテールは、厳密な形の幾何学図形である。6つの小さな(端に近い)トラペーズと、それと同じ数の大きなトラペーズ(中央から始まる)がはっきりと目立っています。外側のストライプは平らで、内向きに6つの突起がある。

    ロゴのフォントとカラー

    エンブレムには文字がなく、グラフィックイメージのみです。そのため、フォントは使用しません。配色はクラシカルなモノトーンです。緊張感や情緒を伝え、歯車のイメージと相まって、陰鬱なムードを醸し出しています。塗装された部材はすべて黒く塗られています。背景だけでなく、ネガスペースにある人物も白で統一されています。つまり、このパレットには政治的な意味合いが含まれている。悪の勢力が太陽のような(明るい)始まりを取り囲み、拘束しているのだ。