消防庁ロゴ

    消防庁ロゴ

    消防署は、ほとんどの場合地方税によって賄われている消防サービスです。米国では、その支部が防火だけでなく、犠牲者への応急処置の提供にも責任を負う可能性があります。組織の従業員は、発明から1年後の1906年に最新の消防車を使い始めました。スプリングフィールド市の消防士がこの特権を最初に受けました。

    意味と歴史

    ロゴマーク 消防庁

    米国には、国、州、地区、または個々の地域内で活動する多くの州の消防署があります。さらに、専門の民間組織があります。チームは、ボランティアまたは専門スタッフで構成されている場合があります。それらすべてを統合する唯一のものは、十字の形をした消防士のロゴです。

    現在、消防署のエンブレムはマルタ十字を描いていると一般に認められています。中央で鋭い角で接続された4つのV字型要素の8つの尖った図です。この十字架は、戦場でお互いを区別するために鎧を飾った騎士団のホスピタラーから借りたものです。兵士の顔は完全に金属板で覆われていたので、彼らは彼らの前に誰がいるのか、つまり同志か敵かを理解していませんでした。

    戦いの間、彼らの主な敵であるサラセン人が火を武器として使うことを学んだので、騎士は思わず火を消さなければなりませんでした。それで彼らは消防士の称号を獲得し、マルタ十字は保護の象徴になりました。歴史的な記録によると、それは1860年代半ばにニューヨーク消防局のエンブレムとして最初に採用されました。

    別のバージョンによると、消防士のロゴにはまったく異なるサインが描かれています-フロリアンクロス。丸い中心に沿って並んだ4つの形をした「花びら」で構成されているため、形がより一貫しています。この8先の尖った十字架は、4世紀に、ローマの将校フロリアンが軍の指導者に代わっていくつかの消防隊を作成したときに登場しました。彼らだけではありませんでしたが、街で最高でした。彼の宗教的見解のために、フロリアンは処刑され、後にキリスト教徒は彼を聖人として認めました。今では世界的に有名な消防士の守護聖人です。

    エンブレムフォントと色

    消防署のシンボルは、マルタ十字よりもフロリアン十字の構造に似ています。それは4つの切り離された部分で構成され、それぞれに2つの丸い角があります。上部に白い単語「FIRE」、下部に「DEPT」、最後に四角い点が書かれています。左側には高架消火栓が描かれ、右側の「花びら」にはしごとガフが配置されています。

    中央の円は、ヘルメット、斧、ラッパなど、昔は火事を知らせるために使用されていた消防設備一式で占められています。背景には、交差したフックとはしごが見えますが、右側の同様の要素のようには見えません。まず、それらは3次元ではなく、2次元です。第二に、それらは端に黒いフックを持っていません。

    消防署の名前は大きな白いサンセリフ文字で書かれています。 「R」の下部にのみセリフのわずかな類似性があります。フォントは太字、大文字、低コントラストです。 「F」の下側の水平ストロークは、「E」の中央の線と同様にわずかに短くなっています。

    赤と白は、米国の消防署の伝統的な色です。ロゴでは、金と黒で補完されています。後者は主に輪郭に使用されているため、要素がより見やすく、融合しません。