フェアリーテイル ロゴ

    フェアリーテイルは、545章を含むマルチボリュームのシノマンガです。 2006年から2017年にかけて日本の雑誌「週刊少年マガジン」に掲載されました。2009年には、著者の真島博が名誉ある講談社マンガ賞を受賞しました。同年、SatelightとA-1Picturesから同名のアニメが発売された。少し後、元のプロットに基づいてアニメーション映画が撮影されました。

    意味と歴史

    フェアリーテイルのエンブレムは、デビューの章が出版されたちょうど2006年に登場しました。おそらく、それは漫画家の真島ヒロによって物語の唯一の作成者として発明されました。彼女は63冊の漫画本を飾り、妖精として知られる彼女のグラフィック要素は架空の宇宙の一部です。 2006年以来、ロゴは変更されておらず、最初の表紙と同じようにカラフルでファンタジーなままです。

    エンブレムのフォントと色

    Fairy Tailの商標は、定型化されたFAIRYTAILの文字と、フィオーレ王国で最も人気のあるギルドであるFairyTailのシンボルである神秘的なオレンジ色の図の2つの要素で構成されています。抽象画は、燃える矢や空飛ぶドラゴンと間違われることがよくあります。しかし実際には、アーティストは尻尾のある妖精を描いていました。プロットが説明するように、これらの生き物は非常に秘密であり、彼らが尾を持っているかどうかは誰にもわかりません。

    ロゴの起源の謎は、シノマンガのキャラクターであるマスターマカロフドレイアーによって明らかにされました。彼女がフェアリーテイルに加わった後、彼はルーシィ・ハートフィリアにこれを話しました。エンブレムの架空の作者は、有名なギルドの創設者の1人であるメイビスバーミリオンです。

    「FAIRYTAIL」の碑文と絵はどちらも、冒険への欲求、未解決の秘密、魔法の謎を象徴しています。未知のものすべてへの渇望は、ギルドのメンバーを区別し、1つのバナーの下でそれらを統合します。フェアリーテイルの一部であるすべての人は、対応する入れ墨を持っています。マンガのトレードマークである長い「触手」を持った細長い塊の形をした人物に描かれているのは彼女です。 Makarov Dreyarによると、これはジャンプしたり踊ったりする尾のある妖精です。

    日本の漫画のタイトルは書かれているのではなく描かれています。各文字には独自のデザインがあり、アーティストが取り組んでいます。そのため、碑文には通常の意味でのフォントがありません。作者のイラストをよく見ると、「L」の文字が妖精の脚の形を反映していて、「T」が錨のように見えることを置き換えることができます。珍しいキャラクターは魔法のテーマに完全に適合し、ストーリーの一般的なムードを伝えます。

    色に関しては、作者は明るく飽和した色合いを選びました。碑文は赤で、白と黒の二重の輪郭があります。妖精のシルエットはオレンジ色で、色が不均一です。アーティストはグラデーションを使用し、暗い色と明るい色を混ぜ合わせてボリュームを出しました。これにより、特に背景の平らな2D文字とは対照的に、図面がでこぼこに見えます。