DuckDuckGoロゴ

    DuckDuckGoロゴ

    DuckDuckGoは、2008年に発売された最大の検索エンジンの1つです。プラットフォームの作成者であるGabrielWeinbergは、競争力のあるプラットフォームを作成するという任務を自らに課しました。提示された情報システムの主な競合他社に対する主な利点は、パーソナライズされたアプローチがないことです。これは、ユーザーの要求に応じて発行の品質に直接影響します。また、DuckDuckGoの代表者は、情報を検索する過程での機密性と匿名性の保護を保証します。

    意味と歴史

    DuckDuckGoロゴの歴史

    DuckDuckGoとは何ですか?

    まず第一に、これらは毎日何百万もの検索クエリです。プラットフォームの助けを借りて、誰もがほんの数秒で自分の質問への答えを見つけることができます。直感的なインターフェイスにより、経験豊富なユーザーと初心者の両方がインターネットをサーフィンできます。

    この検索エンジンは比較的最近発売されたという事実にもかかわらず、ロゴの歴史には4つのバリエーションがあります。そのため、同社はグローバルネットワークのトレンドにタイムリーに対応し、以前のバージョンのロゴに最小限の変更を加えようとしました。主な要素は変わっていません。つまり、アヒルの頭のイメージがプラットフォームを世界中で有名にしました。実際、この画像はDuckDuckGoの開始以来変更されていません。

    2008 – 2010

    DuckDuckGoロゴ 2008-2010

    ロゴの最初のバージョンは、プラットフォームの立ち上げ直後に表示されました。赤い背景のフレームには、右を向いているガチョウの頭があります。鳥のくちばしは少し開いています。また、これはガチョウが笑っているように見える角度で行われます。興味深いことに、前髪の形をした頭の羽毛とエンブレムの主要な「ハイライト」、つまり首にある緑色の蝶ネクタイも注目に値します。

    ロゴの元のバリエーションには、検索エンジンの名前が表示された口頭の碑文も含まれていました。 3つの単語はすべてスペースなしの無地のテキストですが、配色のおかげで、ユーザーは一方の要素がどこで終わり、もう一方の要素がどこから始まるかを明確に理解できます。赤、黄、緑の色が使用されました。 「DuckDuck」は、古典的なサンセリフフォントで作成されました。次に、「Go」要素は、単語のボリューム感を生み出すイタリックフォントによって区別されました。さらに、両方の文字が大文字で書かれているのはこの要素でしたが、最初の2つの単語「Duck」は最初の文字を除いて小文字でした。

    名前の下に右向きの矢印がありました。左側は右側よりも暗いです。

    2010 – 2012

    DuckDuckGoロゴ 2010-2012

    オリジナルバージョンの発売から2年後、検索エンジンのロゴをいくらか簡素化することが決定されました。碑文がガチョウの画像の下にあり、ガチョウの左側ではないため、サイズがやや小さくなりました。エンブレムは、以前のバージョンよりもモダンな白いアウトラインが追加されていることを除いて、変更されていません。同時に、口頭での碑文は単一のスタイルで作成されました。古典的なサンセリフと丸みを帯びたフォントが使用されました。 「DuckDuck」は黒で構成され、「Go」は緑で構成されています。

    2012 – 2014

    DuckDuckGoロゴ 2012-2014

    2012年に行われた変更は最小限であったため、検索エンジンのすべてのユーザーが更新に気付いたわけではありません。エンブレムは以前のバージョンに比べて明るくなっています。碑文のスタイルは同じままでした。同時に、「DuckDuck」の色を黒から濃い灰色に変更し、「Go」には明るい緑を使用しました。

    2014-現在の時刻

    DuckDuckGoロゴ2014

    この段階で、ロゴにも最小限の変更が加えられました。まず、フレームの色が明るくなり、オレンジに近づきました。その中の白い輪郭は太くなり、プロジェクトの完了を直接示しており、高品質です。同様に、口頭での碑文は灰色のみで構成されていました。つまり、「Go」要素で変更が発生しました。

    エンブレムフォントと色

    DuckDuckGo検索エンジンの機能のすべての段階でロゴを作成するために、古典的なサンセリフフォントが使用されました。原則として、それは太字や斜体ではなく、潜在的な顧客の目から見てプラットフォームに信頼性を追加するだけでした。

    ロゴのカラーパレットには、白、灰色、黒、黄色、赤、緑など、多くの色合いが含まれていました。このように、プラットフォームはその汎用性、つまり、あらゆる質問に答えを提供する能力を示しました。重要な要素、つまり検索エンジンのロゴは、赤い背景に白いガチョウがいなければ、それほど印象的ではありません。プラットフォームの歴史の新しい段階ごとに、色が明るくなりました。これは、ターゲットオーディエンスに対するリソースの親しみやすさを示しています。