Dropboxのロゴ

    Dropboxは、Dropbox、Incが所有するホスティングサービスです。彼女はクラウドストレージとファイル同期サービスに従事し、パーソナルクラウドとクライアントソフトウェアを提供しています。このサービスの創設者は、マサチューセッツ工科大学の2人の学生であるDrewHoustonとArashFerdowsiです。 2007年の夏、彼らはYCombinatorからの直接資金でサービスを開始しました。機密データを保持することについての批判にもかかわらず、それは今日、最も価値のあるスタートアップであり、最も収益性の高い投資として認識されています。本社はカリフォルニア州サンフランシスコ市(米国)にあります。

    意味と歴史

    他の大きなプロジェクトと同様に、Dropboxは些細な個人的な問題の解決策として始まりました。これは、自宅でフラッシュドライブをもう一度忘れて、完了したタスクにアクセスできなかった後、ドリューヒューストンによって考案されました。したがって、学生は彼がそのような状況を避けるのを助けるために何かをすることに決めました。さらに、彼は当時存在していたサービスがインターネットの遅延、大きなファイルの転送の難しさ、そして単にエラーに悩まされていたため、絶対に好きではありませんでした。

    自分でプロジェクトを作り始めた彼は、自分のスタートアップが同様の問題に直面している多くのユーザーにとって役立つだろうとすぐに気づきました。その結果、2007年春に学生はEvenflow、Incを立ち上げました。必要な資金を受け取りました。しかし、Dropboxの正式な発売日は2008年で、毎年恒例のテクノロジーカンファレンスであるTechCrunchDisruptで珍しいサービスが開始された。彼女のロゴが現れたのはその時でした。 2009年秋、Evenflow、Inc。すでに正式にDropbox、Incに名前が変更されています。

    2008 – 2013

    クラウドサービスのデビューロゴはすぐにその名前に関連付けられました。そのため、メーカーが商品の保管や配送に使用する通常の段ボール箱を表しています。それはサービスを正確に反映し、付随する詳細とともにロゴを乱雑にしなかったので、直接のアナロジーは行き詰まりました。左側には、開いた四角いボックスの形をしたアイコンがありました。彼女は、陰影のある明るい部分のために、可能な限りリアルに描かれました。右側はこのサービスを提供している会社の名前です。テキストは黒で、絵は青でした。

    2013 – 2015

    加えられた変更は、スタイルと色に関連していました。 「Dropbox」という単語はアイコンと同じ青色になり、形が異なります。設計者はそれをより概略的でフラットにしました。 2D形式の図面は、明るくなったり暗くなったりすることなく、同じ色を取得しています。深さは白でマークされ、クラウドストレージの底なしを示しています。そして、箱がふたと融合するのを防ぐために、著者は細い薄い縞でそれらを囲みました。

    2015 – 2017

    エンブレムの構造は同じままです-フォントのみが変更されています。細長い線の代わりに、しゃがんだ幅の広い線が現れました。これは、象徴的なギャップにはっきりと見られました。特に、小文字の「o」、「p」、「b」、大文字の「D」に、丸い穴と半円形の穴がある文字に見られました。

    2017 – 現在

    ロゴは再び進化しました。以前のバージョンと比較してフォントが薄くなり、ボックスの比率が修正されました。これで、バルブ(カバー)のエッジが下端と一致するため、視覚的にはアイコンが5つの同一の正方形として認識されます。ラベルの色が黒から青に変わりました。

    エンブレムのフォントと色

    当初から、ブランド名は開いた段ボール箱のイメージに関連付けられていました。彼女のイメージは、5つのひし形(または正方形)に変換されるまで、あるバージョンから別のバージョンに渡されました。上の行に2つ、下の行に1つです。また、ネガティブスペース(4つの幾何学的形状の間)には、別のひし形があります-青ではなく白です。それは即席の箱の内部を形成します。上部の角は115度、側面の角は65度です。

    Dropboxのロゴで使用されるフォントには2つのタイプがあります。実際のフォントは2015年に導入されました。それはフランクリンゴシックファミリーの一部であり、凝縮されたデミボールドと呼ばれています。配色は白と青のDBXブルー(#0061FF)で構成されています。