ドリトスロゴ

    ドリトスロゴ

    ドリト​​スは、チーズ、コショウ、その他のフレーバーで味付けしたコーントルティーヤチップスです。有名なブランドになる前に、彼らはディズニーランドのTex-Mexレストランに登場しました。そこでは、シェフが古いトルティーヤをカットして焙煎し、新しい食欲をそそる方法で販売できるようにしました。この前菜はメキシコ料理に似ていたため、非常に人気がありました。このようにして、最初は地域レベルで(1964年に)、2年後には全国レベルでドリトスの大量生産が開始されました。

    意味と歴史

    ドリトスロゴの歴史

    米国の歴史の中で最初のトルティーヤチップスのブランドは、スペインの「ドラディト」にちなんで名付けられました。この選択は、この用語の翻訳がドリトスの外観と完全に一致しているという事実によって説明されます。 「リトルゴールデンシング」は、三角形のフラットブレッドと再揚げたフラットブレッドから作られたスナックの最も正確な説明です。

    同社はその存在の年月を経て、売上が落ち込んだときに浮かんでいるために、いくつかのブランド変更を行ってきました。そのため、新しいフレーバーのチップと、10回以上変更された最新のロゴのパッケージがありました。

    1964年 – 1968年

    ドリトスロゴ 1964-1968年

    ドリト​​スブランドが地域でデビューしたとき、デザイナーはエンブレムにその名前を使用しました。彼らは碑文をブルゴーニュにし、各文字を別々の垂直の長方形に配置しました。色は交互になりました。すべての奇数カードはオレンジ色で、すべての奇数カードは黄色でした。さらに、文字と長方形の両方が「ジャンプ」しました。なかでも「r」と「t」で、一番下の位置が「i」でした。上げ下げされた要素も交互になり、動きの錯覚を引き起こしました。

    1968 – 1973

    ドリトスロゴ 1968-1973

    オレンジ色の四辺形は黄色になり、その逆も同様です。フォントは変更されていません。

    1973 – 1979

    ドリトスロゴ 1973-1979年

    1973年に、チョコレートの色が碑文に使用され始め、長方形の色合いはほぼ均等になり、金色のパレットに近づきました。わずかな非対称性は保たれていましたが、文字は一列に並んでいました。それらの個々のベースは垂直方向に狭くなり、それに応じて書体に反映されました。 「s」の下には、小さくてほとんど目立たない単語「BRAND」が表示されました。

    1979 – 1985

    ドリトスロゴ 1979-1985年

    デザイナーは、背景の長方形の角度を大きくして、文字と一致しないようにしました。碑文がベースに収まるようにするには、文字の間隔を狭くする必要がありました。オレンジは赤みを帯び、すべての色がくすんでいます。

    1985 – 1994

    ドリトスロゴ 1985-1994年

    ブランド名を拡大し、黒く塗り直し、輪郭を細く白くしました。 「BRAND」という言葉が消えました。 「i」の上の点は、スナックの形に沿った三角形に置き換えられました。ベースカラーは非常に表現力豊かになりました。金色の代わりに明るい黄色が使用され、色あせたオレンジレッドの代わりに濃い赤が使用されました。同時に、四角形の数は5つに減り、それぞれの下部に黒い下線が表示されました。

    1994 – 1999

    ドリトスロゴ 1994-1999

    1994年、デザイナーは再び「s」の下に「BRAND」という単語を小さな活字で追加しました。文字の周りの輪郭が黄色に変わりました。 「D」と「o」の後ろに同じ色の三角形が現れました。ドリト​​スのチップの形を真似て少し曲がっています。その上には、ギザギザのエッジを持つ赤い三角形のフレームがありました。そこから混沌としたストライプが伸び、商品名を際立たせています。

    1999 – 2000

    ドリトスロゴ 1999-2000

    少し調整した後、ロゴは「かまれた」エッジのある大きな黒い長方形の中に収まりました。セリフが短くなっている間、碑文は白く斜めになりました。 「BRAND」の代わりに「CORNCHIPS」というフレーズがあり、鮮やかな黄色で注目を集めました。

    2000 – 2005

    ドリトスロゴ 2000-2005

    凹凸のあるベースは黒い三角形に置き換えられました。紺、白、黒の3本の縞模様で縁取られていました。それらの異なる厚さのために、それらは三角形の傾斜によって作成された非対称性を強化しました。

    2005 – 2013

    ドリトスロゴ 2005-2013

    2000年代半ば。アメリカの店頭に珍しいロゴのドリトスが登場。合理化されたサンセリフフォントのブランド名と、心電図の形の燃えるようなラインが特徴でした。単語は白と灰色で、各文字の右側に赤い輪郭が飾られていました。すべての要素は、グラデーションでぼやけた黒い影を落とします。

    2013年〜現在

    ドリトスロゴ2013

    別のブランド変更の後、象徴的な三角形が戻ってきました。現在、その赤オレンジ色の境界線は2つの「o」を貫通しており、画像を立体的に見せています。三角形の内側は黒で、針の突起のある凹凸のある輪郭は同じ色で塗られています。文字はすべて白ですが、赤と黒のストライプの暗い境界線があります。このバージョンがメインバージョンとして使用されます。

    2019年、マーケターは特別なカテゴリーのバイヤーの注目をドリトスに引き付けることを決定しました。ドリトスは、ほとんどの場合、ブランドを軽蔑しているZ世代のティーンエイジャーです。特に彼らのために、チップの名前なしでロゴが開発されました。黒い碑文「LOGOGOESHERE」が入っており、3行に分かれて左に傾いています。それは真ん中が空の赤い三角形を横切っていた。ブランドの所有者は、購入者がパッケージの色と斜めの三角形によってのみチップを認識することを期待していました。

    エンブレムフォントと色

    経験によれば、消費者は、ブランド名がなくてもドリトスのロゴを識別できます。伝統的な三角形の形は、小さなスライスにカットされたスナックに関連付けられています。さらに、ベースのエッジが不均一で、トルティーヤチップスの明るく忘れられない味をほのめかしています。

    ドリト​​スの歴史の初期には、さまざまなバージョンのセリフ書体が使用されていました。しかし最近では、手紙は合理化され、サンセリフになっています。どうやら、タイポグラフィは個々のグリフに基づいて構築されています。ストロークは太字で、ほぼ同じ太さです。 「i」の上の点の代わりに三角形が描かれ、「t」の上部はその形を繰り返すように切り取られています。

    現在のロゴは、対照的な色の組み合わせを特徴としています。白い文字は黒い輪郭と組み合わされ、細い赤い線で補完されます。背景の三角形の境界線は、黄色とオレンジのいくつかの色合いで着色されており、激しいグラデーションを形成しています。鮮やかな色は、最初のドリトスの主成分であるコショウとトウモロコシを象徴しています。