ドゥームロゴ

    ドゥームは、単一のシリーズ形式で提示される一人称シューティングゲームです。創刊号は1993年、最終号は2020年です。志を同じくするプログラマーのグループによって作成され、ZeniMaxMediaが所有しています。その開発者には、ジョンロメロ、ジョンカーマック、トムホール、ケビンクラウド、エイドリアンカーマックが含まれます。

    意味と歴史

    主なゲームキャラクターは、Union Aerospace Corporation(UAC)で働いている名前のないSpaceMarineです。彼は地球の乗っ取りを防ぐために悪魔やモンスターの大群に立ち向かいます。イベントは、火星だけでなく、最も近い衛星と2つの研究所で展開されます。コンピューターシューターは、3次元グラフィックス、マルチプレイヤーモード、および個々の変更のサポートを備えています。

    それはすべて、id Softwareが多くの利益をもたらすゲームを立ち上げ、ゲーマーと批評家の両方の間で認識を得た1992年に始まりました。それはWolfenstein3Dでした。リリース後、当時プログラマーだったジョン・カーマックは進歩的なテクノロジーの研究に興味を持ち、チームの他のメンバーは並行して別のビデオゲームに取り組みました。その結果、彼は新しいエンジンを提案しました。 Kevin Cloudはすぐに明らかにされた利点を高く評価し、彼らがやっていた新しいゲームの新しい開発とそれを組み合わせたいと考えました。チームは、Spear ofDestinyの発売直後にアイデアの実装を開始しました。

    しかし、実装の最初の段階で、プログラマーとデザイナーは名前について考えました。この名前は、後にシューターの一般的なエンブレムの基礎になりました。従業員の一人は、映画「ハスラー2」のエンディングでトム・クルーズのキャラクターが発音した「ドゥーム」という言葉を提案しました。それはいくつかの意味を含んでいたので、それはプロットの概念に完全に適合します-「運命」、「運命」、「岩」。

    開発には1年かかりました。以前のスタジオのビデオゲームと同様に、最初に配布されたシェアウェアでした。最初のエピソードは無料で、デモとしても機能しました。このバージョンは、idSoftware自体によってリリースされました。コピーはGTインタラクティブによって公開されました。最初の部分は1993年12月にBBSにのみ登場しました。次のバージョン(拡張)は1995年に発売されました。最後のエピソードは、2020年にDoomEternalという名前でリリースされました。全体として見ると、一定期間、ゲームの1つのバージョン(メインまたは追加)が毎年リリースされました。

    デビューゲームは、それぞれ8つのレベル(+1つの秘密)を持つ3つのエピソードに分かれています。以降のバージョンでは、この除算は使用されません。プロットは、パーツに応じてさまざまな方法で表示されます。テキストの挿入、メモ、メモ、ビデオなどです。さらに、すべてのシリーズには独自のマークがあります。主にコンテンツに関連しており、キャラクター(主にアンデッド、モンスター、デーモン)を反映しています。その中で不変である唯一のものは、名前のスタイルと形式です。ロゴの基本的なディテールはこれです。

    エンブレムのフォントと色

    ドゥームの主なシンボルは、さまざまなサイズの文字が書かれた斜めの碑文です。これがテキストであるという事実にもかかわらず、その中のサインは個別です。中央の「O」は角を尖らせ、上端を切り落としています。 「D」と「M」は反対側が均等に引き伸ばされているため、文字は同じようにミラーリングされているように見えます。形はギロチンの刃に似ています。また、2つのセリフがあります。下部が小さく、上部が大きいです。

    シューターエンブレムに使用されるフォントは、Amazingmaxによって作成されたAmazdoomフォントに可能な限り近いものです。彼らは同様に細長い要素を持つ先のとがった文字を持っています。ロゴの色は可変であり、シリーズによって異なります。