ダラーツリーロゴ

    ダラーツリーロゴ

    ダラーツリーは1ドル以下の商品を扱う小売店のチェーン店なので、以前はOnly $1.00 と呼ばれていました。現在では、北米48州と近隣のカナダをカバーする最大の小売構造となっています。ダラーツリーやダラービルと呼ばれる店舗が15,115店ある。また、全米で8,000店以上のファミリーダラー店舗を展開しています。商業サービスでは、主に食器、菓子、教育用品、焼き菓子、電気製品、掃除・洗濯用品、ペット用品、インテリア、お菓子、冷凍食品、おもちゃ、文具、美容・健康用品、車、本、牛乳、ピザ、手芸用品、日用品などを販売しています。1986年に設立され、現在ではフォーチュン500社に名を連ねる企業です。本社はバージニア州チェサピークにある。

    意義と歴史

    ダラーツリーロゴの歴史

    人気のある小売チェーンには、いくつかの前身となる会社があります。1つ目は、1953年にKさんがオープンした「K&K 5&10」。R. バージニア州ノーフォークのベン・フランクリンのダウンタウンにあるペリー。2つ目は、1970年に3人の起業家(K. R. Perry、Macon Brock、Doug Perry)によって設立されたK&K Toysです。東海岸地区で130以上の店舗を展開する。現在のようなチェーンが登場したのは、1986年になってからである。これは「Only 1.00」と呼ばれ、バージニア州、テネシー州、ジョージア州の5店舗で構成されていた。Doug Perry、Ray Compton、Macon Brockによって設立されました。

    ドルショップの拡大と並行して、ショッピングモールを中心に展開するK&Kトイズチェーンも展開した。しかし、1991年にOnly 1.00にのみ注力することを決め、K&KをKBトイズに売却した。その2年後、オーナーは名称を変更し、旧来の「ダラーツリーストア」から、今後、価格戦略の異なる店舗の出店を計画するために「ダラーツリーストア」を使用することにしました。

    看板を兼ねたロゴは、ブランド名である「the dollar tree」に合わせて選んだものです。それまでは、入り口の上のネオンサインに「ONLY >> $1.00 」と書かれている。新生ネットワークへの移行が決まってから、経営陣はロゴマークだけのリファインに着手した。

    1986 – 1991

    1.00ロゴのみ 1986-1991

    当初は旧店名をモチーフにしたロゴを使用していました。赤い文字で「Only」、青い文字で「$1.00」と表記されているものである。その間に、3本の短いポインターアローがある。すべての要素は、互いに平行に走る小さな縦線から構成されています。O」と数字の「0」は、色だけが違っていて、形は同じである。

    1991 – 2006

    ダラーツリーロゴ 1991-2006

    ダラーツリーへの改名後、親会社は完全なリブランディングを実施しました。構造からロゴまで、すべてを変えたのです。それ以来、各チェーン店の入り口上部の看板には、ドル箱がぶら下がっている。絵は、幹となる1(数字1)で構成されています。黒色です。これとは対照的に、上部にはドル紙幣を折りたたんだ円形の緑色の王冠がある。

    地面すれすれに落ちている「葉っぱ」からもわかるように、枝分かれしており、力強い。枝」の左側は、平らな半円を少し斜めに(スラントして)配置したもの。薄緑色の5本のストライプが特徴です。右側は円の1/4で、濃い緑色に着色されています。その下には、ペイニョー書体で角の丸い流線型の柔らかい文字で、新しい店名が記されています。

    2006年~現在

    ダラーツリーロゴ 2006

    現在では、新しいデザインのロゴが使われています。右側に傾斜させ、ライトなイタリック体にも似たデザインになっています。このフレーズは、大文字の幾何学的な書体でタイプされ、線は完全に滑らかで、字形は明瞭で、角は丸みを帯びています。ただし、”O “と “R “は例外で、伝統的に斜めになっている。その他の要素は変わりません。

    ロゴのフォントとカラー

    ダラーツリーという名前は、マーケティング的に非常に魅力的なものなので、経営陣はそれを強調することにしたのです。そのため、デザイナーはこれをビジュアルアイデンティティマークのベースとし、それに対応するロゴを開発しました。その結果、単位と、ドル紙幣のリブと思われる細い帯でできた丸いコイン(王冠)を組み合わせたシンボルマークが承認された。

    エンブレムには、コーラスボールドに近いフォントが選ばれ、大幅な変更が加えられました。その後、スウェーデンのデザイナー、マックス・ミディンガーがエドワード・ホフマンと共同でデザインした「ヘルベチカ・ノイエ ブラック・イタリック」に取って代わられた。1957年に初めて登場した。

    米ドルの紙幣の色である緑を随所に配し、「お金」をテーマとした配色となっています。また、黒(1番)、白(背景)も使用しています。