ダッジラムロゴ

    ラムロゴ

    ダッジラムは、クライスラー・グループLLCが製造するフルサイズピックアップトラックです。現在はラムトラックスブランドで販売されており、以前はダッジブランドで販売されていた。アメリカやカナダでは、「ラム」という名前で親しまれています。この名称は1981年に付けられたものである。この車は、クライスラー社の登場よりずっと前の1914年に四輪車の開発を始めた同社が独自に開発したものである。当時は、創業者兄弟の名前をとって「ダッジ・ブラザーズ」と呼ばれていた。現在、ピックアップはライトトラックに位置づけられ、モータートレンド誌のトラック・オブ・ザ・イヤーを3度受賞している。メキシコではSaltillo Truck Assembly(コアウィラ州Saltillo所在)、米国ではWarren Truck Assembly(ミシガン州)で生産されています。2021年、ブランドはステランティスの傘下に入った。

    意義と歴史

    ダッジラムロゴの歴史

    このクルマには4つのバージョンがあり、世代を経るごとに完成度を高めていった。初代モデルは1981年から1993年までさかのぼります。クライスラーADのプラットフォームで出てきた。2代目ダッジラムは1994年から2002年まで生産され、クライスラーBR / BEをベースとしたモデルである。第3世代の組み立ては、2002年から2008年にかけて行われた。クライスラーDR/DH/D1/DC/DMという可変式のプラットフォームでした。4代目は2009年に生産を開始し、現在に至っています。トラックのデザイナーは、ライアン・ナゴード(Ryan Nagode)とスコット・クルーガー(Scott Krugger)。

    軽トラックはスタイルや装備が頻繁に変わるにもかかわらず、ロゴマークはそれほど大きく変わっていません。そして何より、会社の拡大・変革に伴い、アイデンティティ・マークが変化していったのである。これは、エンブレムが何年も更新されてきたことに起因しています。ジョン・F・ダッジとホレス・E・ダッジの兄弟が自動車会社を設立したときから、このブランドには4つのエンブレムがあった。

    1914 – 1969

    ダッジラムロゴ 1914-1969

    ロゴは語呂がいい。Dodge Trucks “の文字以外、何も書かれていない。スタイリッシュなスクエア書体で一行で書かれています。文字間スペースは狭く、ワードスペースは広くなっています。キャラクターはそれぞれ個性的です。D “はフラットなセリフが左側に飛び出している。「O “と “G “は同じもので、正方形のように見え、セリフはない。E “の中央には細長い横縞があり、文字が右を向いたフォークのように見える。U “と “C “は同一です。まるで同じものを繰り返しているように見えますが、方向が違うだけで、幅広のホッチキスのような形をしています。白地に黒文字で、パッと目を引きます。

    1969 – 1993

    ダッジラムロゴ 1969-1993

    リニューアルしたロゴは、3つのパーツに分かれています。上部の四角形は五角形で、真ん中に細い星が描かれている。その光線は、それぞれ別のコーナーで休んでいます。その下には、同じような黒地に「Dodge Trucks」というフルネームが書かれています。文字はステンシル、太字、上に伸びる、サンセリフです。黒い長方形の間には、白い長方形があります。これには、商標のシンボルを省略した形、つまり単に「Dodge」と書かれています。このシンボルは、従来のものより幅が広く、四角い形をしており、文字も大文字と小文字の組み合わせで構成されているのが特徴です。

    1993 – 2009

    ダッジラムロゴ 1993-2009

    2代目、3代目のラムトラック・ピックアップ・シリーズを手がけるうちに、エンブレムと名称の両方を変更し、ダッジ・ラムとなったのである。とはいえ、実はこれは1981年に生産されたトラックの名前でもあるのだが。これらは、ダッジDシリーズに代わって登場した近代化ラム、パワーラムである。ブランド名の由来は、ボンネットに施された装飾から。1930年代、ダッジの車に初めて登場したクールな角のラムズヘッドのプリント。直立不動で威嚇し、広い角をまっすぐ前に向けている。そしてラムのイメージは、ネガティブな空間から覗く赤(外側)と白(内側)の二重になっています。下部には柱状の文字で「Ram」の文字が書かれている。

    2009年~現在

    ラムロゴ 2009

    レタリングのスタイルはそのままに、グラフィックを一新したのです。盾と雄羊のイメージはそのままに、デザインを変更したのです。今回、ラムトラックのボンネットから見えるのは、ライトグレーからリードカラーへのグラデーションが施されたクロームヘッドです。シャドウとハイライトのプロフェッショナルな組み合わせで、立体感を演出します。同時に、それらは無秩序に散らばるのではなく、構造的に(鏡面的にさえ)配置されているのです。頭部と角は、メタライズされたシールドの内部全体をボリューム感のあるフレームで埋め尽くしています。

    ロゴのフォントとカラー

    ラムトラックのアイデンティティの進化は、会社の発展や車両開発とともに歩んできました。また、最も重要なフェーズでは、ロゴをさらに更新し、機能アップした社用車を飾りました。特筆すべきは、シンボルマークがシンプルなものから複雑なものになったことで、近年は簡略化の傾向があるため、すべてのブランドに共通することではありませんが、この点です。

    ピックアップトラックメーカーのモダンなエンブレムには、セリフのないスクワットでワイドな文字が特徴のOptiflareフォントが選ばれました。文字の線は滑らかで、太く、平坦です。黒と白のクラシックな組み合わせで構成された書体です。1993年版は赤も採用。