ダッジデーモンロゴ

    ダッジデーモンロゴ

    ダッジデーモンは、アメリカの自動車会社クライスラーのヘビーデューティマッスルカーです。2017年春のニューヨークモーターショーで発表されたが、登場は初めてではなく、1971年に失敗作のプロトタイプが公開されている。現在は、2018年を最後に生産終了となったワイドボディのチャレンジャーSRTヘルキャットの限定車です。メーカーは3,300台しか市場に出しておらず、現在、ターボチャージャーを搭載した悪魔の車をヘルキャット・レッドアイの対抗馬に改造しようとしているのです。

    意義と歴史

    ダッジデーモンロゴの歴史

    このクルマは、来ては消えていった。遠い1971年に始まり、文字通り1972年に終わったので、海外ではこのように呼ばれているのである。初代ダッジデーモンは、プリムス・ダスターのプラットフォームをベースにしたダッジダートの改良型である。そのクルマはクライスラーLLCと呼ばれ、ダッジのシリーズに属していた。デビュー版は11,000台のロットで、6気筒の傾斜型と8気筒の2種類が用意された。エンジンの排気量も198ccと318ccの2種類から選べた。ボディワークのスタイルや色もさまざまだった。しかし、この年、排気ガスの要件が更新されたため、「詰め物」の設計をやり直さなければならなくなった。

    それでも、同じデーモンとは思えませんでした。メーカーは数百台を販売し、四十五年間スクラップにしてしまった。2017年、デーモンを公道に戻すことを決めたのは、「正しい」けれどもパワフルなエンジンを作ることができる現代の技術を手に入れたからだ。その結果、840馬力、6.2リッター容量、8気筒、ターボチャージャー、770Nmのトルクを持つ、生まれ変わったマッスルカーがアリーナに登場したのである。2.3秒の高速スタート、9.65秒の1/4マイル走行など、超強力、超高速という多くのパラメーターで、シリアルブランドの中で最多となったのだ。とにかく、こうした機能があるからこそ、禁止されたのです。もう一度。あまりの極悪非道な速さに、NHRAは拒否反応を示している。

    また、ダッジデーモンは最も高い過積載能力を持ち、後輪に乗ることができます。しかし、その数だけ3,300台が生産されることになった。このバッチは限定版であることが判明し、このスポーツカーは再びマッスルカーの輸送シーンから退場した。今やその目を引くロゴは、ボディだけでなく細部まで皮肉たっぷりに睨みつけ、ほぼすべての要素に血塗られたブラックマークをつけているのです。当初は「ダッジビーバー」というシリーズになる予定でしたが。しかし、この言葉はあまりにも俗っぽく、すべての国で正しいとは言えないことが判明した。

    ロゴマーク ダッジデーモン

    最初のモデルには、黄色い文字の中に小さな赤い悪魔を配したアニメ調のロゴが描かれていた。それは不敵な笑みを浮かべながら、「デーモン」の小文字「m」に代わる三叉の矛を手にした。そこで、2017年から2018年にかけてエンブレムを復活させていたデザイナーのケブン・カーターも、このアニメのイメージをもとに、このキャラクターを使ったデザインを次々と提案しました。しかし、発表会でダッジスタジオの専門家たちは、彼のバージョンを否定した。ビジュアル・アイデンティティ・サインをもっと極悪非道なもの、つまりヘルキャットの象徴のような怖いものにしてほしいという要望があったのです。

    そのため、作者は胴体を外して頭部だけを使い、悪魔のような顔の表情に注目した。サタンをかたどった黒い輪郭線は、赤い背景に不気味に映え、ちょうどよかったです。マーク・トロッスル氏(ダッジとSRTのデザイン責任者)は、50もの選択肢の中からロゴを選んだという。魚雷からフェンダーに至るまで、文字通りあらゆるところにマーキングされているのだ。しかも、そのロゴは、1ドルで買える追加オプションにも使われているのです。このように、メーカーは車ダッジデーモンに関連付けられているすべての極悪非道な性質を下線。

    エンブレムのフォントとカラー

    ロゴには文字がなく、鋭い角が生えたにやけた悪魔の頭だけが描かれています。公式パレットも限定されており、当然、赤いマッスルカーに威圧感を与えるブラッディブラックカラーも含まれています。