デーモンスレイヤーロゴ

    デーモンスレイヤーロゴ

    デーモンスレイヤーは、アクション、アクション、クエストの要素を持つ日本のダークファンタジー漫画です。集英社のコミック誌「週刊少年ジャンプ」で連載された。作者・イラストレーターは五艘木洋平。2016年冬に第1話、2020年春に最終話が公開されました。合計23枚のタンコボンが書かれました。米国での英語化およびライセンスは、Viz Media studioが担当しました。2017年に北米で翻訳版が登場。同時にマンガプラスでも公開された。そして、この漫画は次第に人気を博し、フランチャイズ化されていった。2021年冬には1億5千万枚を突破した。こうして、テレビアニメの構想が生まれた。制作はUfotable、全26話収録、日本では2019年(4月~9月)に放送されました。2020年には続編映画が公開され、日本のアニメ映画の中で最も高い興行収入に選ばれた。その続編は2021年末に予定されています。

    意義と歴史

    デーモンスレイヤーのロゴの歴史

    プロットは、釜戸丹治郎という10代の若者の冒険をベースにしています。両親は滅ぼされ、妹は悪魔に変えられた。そして今、彼らは少女が人間に戻るための治療法を一緒に探している。その過程で、兄は悪魔と戦うための秘密結社、悪魔退治軍団に引き込まれる。元人間は、完全な力のために人間性を悪魔の本質と引き換えにしたのだ。

    ネガティブなキャラクターは人間を餌にし、超能力を備えているため捉えどころがない。超能力、再生、魔法などです。特殊な武器、つまり太陽鋼で作った剣に藤の花の毒を混入させるか、紫外線を当てないと死なない。悪魔退治は、悪に対抗するために特殊な呼吸法を実践し、抵抗力と人間離れした強さを身につけた一般人である。

    父の突然の死により、一家の大黒柱となった釜戸丹治郎。仕事から戻った丹治郎は、家が悪魔に襲われ、家族が全員殺されているのを発見する。妹のかまどねずこだけが生き残るが、少女は悪魔に変身してしまう。そして、ティーンエイジャーは彼女を救うことを決意し、輪廻転生を防ぐ方法を探し始める。富岡義勇と出会い、悪魔退治軍団に入れられ、戦闘技術を磨き、悪魔退治屋となる。

    現在では、漫画、ラノベ、アニメ、テレビ映画、続編、ゲーム、劇場公開用エピソードの編集など、さまざまなメディアで展開されています。タイトルとロゴはそのまま引き継いでいます。

    ロゴ・デーモン・スレイヤー

    ビジュアル・アイデンティティ・マークは、未完成の円形を逆から書いた「C」の文字に見立てたものです。1つ目は戦いの円軌道、2つ目は闇の力に対する防御リング、3つ目は魔法のオーブ、4つ目は炎というように、いくつかの概念を同時に象徴している。両端は狭く、中央は広いという凹凸のあるラインです。

    リングの2色(赤と黒)は平行に走っています。小さな斑点状に混ざり合うこともありますが、完全に吸収されることはなく、小さな異物として残ります。最初はブラシで塗ったような断片的なストライプです。その後、縁に炎の舌のような明確な形状を持つようになる。突起は鋭く、とがった形をしている。

    中央には、2行でフランチャイズ名が書かれています。また、「Demon Slayer」の文字は、不規則な棘のあるエッジで威圧的なスタイルに仕上げています。A’の右足は波のような形をしている。まるで、恐怖や恐れの体の震えを表現しているかのようである。碑文は大文字で、各単語の最初と最後の文字が強調されているので、他の文字よりかなり大きくなっています。以下は、最初の漫画のタイトルである「キメツノヤイバ」の2つ目の断片です。その中の文字は細く、まっすぐで刻まれている。

    ロゴのフォントとカラー

    デーモンスレイヤーのエンブレムには、Blood Crow Condensedフォントのクリーン版が使用されています。角張ったトゲや不規則なセリフが特徴で、用途が狭いデザインフォントです。

    公式パレットはロックハード。黒と赤のクラシックな組み合わせで構成されており、恐怖や心理的緊張、危険な雰囲気を伝えています。白を基調としているのです。