Death Strandingロゴ

    Death Strandingは、2015年にコナミを退社して以来初めての日本のスタジオコジマプロダクションによる新たなプロジェクトです。開発者は2016年にゲームを発表しました。同時に、彼はソニーインタラクティブエンターテインメントと協力契約を結び、アメリカ人は会社はノベルティの発行者になりました。 PS4バージョンは2019年に登場し、すぐに批評家から反対のレビューを受けました。このアクションアドベンチャー映画は、このジャンルの通常のフレームワークに適合せず、オリジナリティが向上している点で他のアクションゲームとは異なることが判明しました。

    意味と歴史

    小島秀夫は脚本家、プロデューサー、ゲームデザイナー、プロジェクトマネージャーです。彼の好きな作家、安部公房が書いた小説「ロープ」を考え直した後、デスストランドを作るというアイデアが浮かびました。コジマプロダクションのオーナーは、在学中にこの作品を読みましたが、ロープと棒の「哲学」に基づいて構築されたプロットの基本的な考え方をよく覚えていました。原始人は保護のために棒を使い、重要で有用なものを保持するためにロープを使ったと言われています。

    Death Strandingのゲームプレイは同じ原則に基づいています。主人公は障害物でいっぱいの道を通り抜け、従来の「スティック」ですべての悪いものを追い払い、「ロープ」で良いものを引っ張る必要があります。その目標は、ポイント「A」からポイント「B」に貨物を配達することです。終末後の宇宙は孤立した集落で構成されており、それらの間の唯一のつながりはそのような宅配便業者です。

    ビデオゲームの名前には、明白ではない意味があります。一方では、それは「岸に打ち上げられている」と理解することができます。たとえば、ティーザーは、砂州に海洋生物を投げるというトピックを明確に示しています。あるいは、「ストランド」という言葉は、まさにこの文脈で心理学で使用されているため、愛着とつながりを表すことができます。この解釈は、長い黒いケーブルまたはへその緒がトレーラー内の生き物の体から引き出された理由を説明しています。

    ちなみに、Death Strandingのロゴには同じ「ロープ」があります。それらは文字からぶら下がっていて、宇宙で迷子になっています。張力が不足している場合は、糸が切れていることを示しています。主人公は終末後の都市間のつながりを回復しなければならないので、これも象徴的です。

    ゲームはElectronicEntertainment Expo 2016で発表されました。特にこのイベントのために、開発者はプロジェクトのロゴに気付くティーザーを用意しました。黒い縦線の「DEATHSTRANDING」の碑文です。マークという言葉は珍しいように見えます。デザイナーはそれをミニマルにし、運命の雰囲気を強調することに成功しました。

    「E」、「A」、「T」、「S」、「T」、「I」、「N」、「G」から続くストライプは、哲学的な意味を持っています。前述のように、これは小説安部公房のタイロープをほのめかしています。しかし、あるファンは彼らにもっと深い意味を見ました。彼はスレッド(8)と文字(11)の総数を数え、これがゲームのリリース日のヒントであると判断しました:11月8日。暗号となぞなぞの大ファンである小島秀夫には何でも期待できますが、理論はほとんど真実ではありません。

    エンブレムのフォントと色

    ロゴは、予告編の他のレタリングに使用されているのと同じフォントを使用しています。 CalderLCとBrochaLightの両方に同時に似ています。最初のグロテスクはMariyaV。Pigoulevskayaによって設計され、2016年にThe NorthernBlockによってリリースされました。 2番目のフォントはLatinotypeに属しています。これは、コロンブス以前のイースター島の芸術に触発された、タイポグラファーのホルヘ・シスターナによる作品です。 BrochaLightの最終バージョンは2015年に登場しました。

    どちらのフォントも、細くて本物の文字とくっきりとした線を組み合わせています。レタリングは黒で見栄えがよく、デザイナーは最も暗い色合い(#000000)を選択しています。空白の白い背景は、開発者が主要なことに集中するのに役立ちました-象徴的な名前DeathStranding。