DCコミックスのロゴ

    DCコミックスはワーナーブラザースが所有する成功したコミック出版社です。エンターテイメント。 1934年にNationalAllied Publicationsという名前で登場しましたが、人気のあるDetectiveComicsシリーズに敬意を表して名前が変更されました。略語DCはこのフレーズから派生しています。そしてそれは、今度は、スーパーヒーロー宇宙の伝説的なキャラクターの1人であるバットマンの最初のタイトルです。

    意味と歴史

    DCコミックスには10個のロゴがあり、内容は異なりますが形は同じです。それらはすべて丸い輪郭を持っており、雑誌の表紙、広告資料、お土産に見られます。

    1940年 – 1942年

    出版社は1934年に登場しましたが、最初の商標は6年後の1940年に出版されました。これらは2つの黒いリングで、その間に「APUBLICATION」という碑文がありました。センターは略語「DC」で占められていました。

    1942年 – 1949年

    更新されたロゴには、「ASUPERMANPUBLICATION」というフレーズが含まれています。真ん中の「D」と「C」の文字は、黒い影のために立体的に見えます。

    1949年 – 1970年

    1949年11月、デザイナーは古い碑文をSUPERMAN NATIONAL COMICSに変更し、最初の単語を赤にし、残りの単語と2つの暗い点で区切りました。

    1970 – 1972

    1970年に採用されたエンブレムには、いくつかのバージョンがありました。ほとんどの場合、黒い境界線と「DCSUPERMAN」という言葉が付いた黄色の長方形が使用されました。上または下には、青と赤のスーツを着たスーパーヒーローを描いた黒い円がありました。

    1972 – 1974

    1972年から1974年に発行されたいくつかの号の表紙には、専用のロゴが付いていました。黒いリングに赤い略語「DC」が付いています。

    1974 – 1976

    「DC」の隣には「THELINEOFSUPERSTARS」という言葉と2つの小さな五芒星が現れました。

    1976 – 2005

    1976年にミルトングレイザーによって設計された新しいバッジは、DC弾丸と呼ばれます。その主な要素は、小さな白い円、広い黒いリング、4つの星、そして「DC」の文字です。

    2005 – 2012

    リチャード・ブルーニングとジョシュ・ビートマンによって作成されたエンブレムは、DCスピンとして知られていました。中央には略語「DC」があり、その周りに1つの星の渦が回転していました。

    2012 – 2016

    最後から2番目のロゴには、青い「D」字型のステッカーが付いた黒い「C」が含まれていました。一番下には会社の名前がありました。

    2016 – 現在

    新しいDCコミックのブランドは以前のバージョンに基づいています。これは、同じ色のリングの青い「DC」レタリングです。

    エンブレムのフォントと色

    出版社の現在のロゴは2016年5月に登場しました。17日に発表され、8日以内にDC Universe:Rebirth Special#1の表紙を飾りました。ミニマルに見え、青い輪郭の白い円と「DC」の文字の2つの要素のみで構成されています。スーパーヒーローのテーマのヒントはありません。

    略語は、大きなセリフとカットコーナーを備えた幾何学的なフォントです。文字内の鋭い曲線は、革新のグラフィックの具体化です。青と白の範囲は、創造性、経験、プロ意識を反映しています。