ダンガンロンパロゴ

    ダンガンロンパロゴ

    ダンガンロンパは、ゲーム、マンガ、アニメ、ラノベなどのメディアで構成される日本のコンテンツです。オリジナルはプレイステーション・ポータブル用に開発されたコンピュータゲームです。アクション、シューター、スリラーなどの要素があります。その生みの親は小高和隆で、長年このディストピアゲームの構想を練ってきたが、その都度「恐ろしすぎる」と却下されてきた。しかし、コンピュータプロジェクトが実現した後は、大人気となり、コミックやアニメなどのメディア作品として継続されることになった。2020年には350万枚を売り上げた。現在、このフランチャイズはスパイク・チュンソフト(旧社名:スパイク)が所有しています。ビデオゲームの最初のリリースは2010年に行われました。

    意義と歴史

    ダンガンロンパのロゴの歴史

    物語は、「ホープス・ピーク・アカデミー」という高校に通う高校生たちの冒険を中心に展開されます。毎年、各分野でトップを目指す優秀な高校生を対象とした「スーパーハイスクールレベル」のコンテストがあるんです。さらに、応募者の中から抽選で1名が選ばれる、ブラインドチャンス(抽選方法)。

    2010年、2012年、2017年の計3作です。どれも似たような前提条件を持っています。ある分野の知識で突出した才能を持つ16人の小学生たち。そして、モノクマに誘われ、命がけの勝負に挑む。出場者は、試練の時に無邪気な姿を見せながら、ライバルの1人を殺すまで取り残される。似ているようでいて、テレビゲームの内容はある点で異なっており、それは回を重ねるごとに広がっていきます。

    メインバージョンのゲームプレイは、3つのフラグメントに分かれた6つのパートで構成されています。1つ目は探索型で、生徒がエリアを探索し、コミュニケーションを取りながら、ストーリーに従って進んでいくスタイルです。2つ目は、自分の欲求に応じてキャラクターと選択的に関わり、新しいことを学び、スキルを磨いて課題をクリアしていくものです。3つ目は、手がかりを探し、証拠を集め、犯人を特定するものです。また、「真実の弾丸」「連続討論」「絞首刑」等の形で、中間プロットや様々なサポートプロセスが存在します。

    ロゴ ダンガンロンパ

    その後、漫画、絵本、アニメが登場し、同名の舞台も作られた。こうした人気は、エキサイティングなゲーム性やストーリー性によるものだけではありません。それは、生き生きとした個性的で表情豊かな、多面的なキャラクターによるところが大きい。それに対して、メディア・フランチャイズのビジュアル・アイデンティティは、シンプルでモノクロームという、より控えめなものです。

    このロゴは2010年に採用されました。テキストでありながら、グラフィックの要素も含んでいる。しかし、大文字の “D “の左下には、とても小さなものがあります。細いリングと太いリング、2つの幅の異なる白いリングで構成された照準器です。ミニチュアアイコンは黒い背景の上に重なっているので、はっきりと見ることができます。

    レタリングはIconian Fontsのスタイルで作られており、個性的で、斜めになっており、右と下にグレーの影があります。最初以外の文字はすべて小文字です。大胆で、独創的なデザインです。例えば、「n」は右側が省略され、「g」は足が細長く、左側に伸びて「D」まで達している。名称は2つに分かれる。”Dangan “と “Ronpa”。下部は「g」の横から始まり、最後の2文字の下を走る。

    ロゴのフォントとカラー

    アクションロゴには、開発者が選んだDFPSoGei-W7風の斜体フォントを採用しました。プラットフォーム・エイトと呼ばれています。配色は限定的で、モノクロームにグレーを影として加えるというスリラー的なデザインの痕跡が残っています。文字が黒で、その中のストライプがスコープを含めて白であるのに対し。