クロックスロゴ

    クロックスロゴ

    クロックスは、世界中で絶大な人気を博しているアメリカの靴ブランドです。特別に設計された下駄を製造しており、2002年から存在している比較的若いです。その創設者は、リンドン「デューク」ハンソンとジョージブーデッカージュニアです。彼らは、ケベックのカナダの会社FoamCreationsからクロックスのデザインを借りました。ユニークな靴の最初のバッチは2001年に登場しました。彼女のプレゼンテーションは、フロリダのフォートローダーデールで開催されたボートショーイベントの一環として行われました。その後、200ペアが販売されました-生産されたのと同じ数です。現在、需要と産業能力は大幅に増加しています。それ以来、3億足以上の下駄がすでに販売されています。本社はコロラド州ニオットにあります。

    意味と歴史

    クロックスロゴの歴史

    当初、クロックスはボート乗りのための靴として作成されました-防水性とワンピースで、水に溺れることはありません。しかし、その後、EVAフォーム製品は非常に快適であることが証明されたため、多くのファンを獲得しました。このような下駄は、学校の靴として使用した高校生の間で特に高く評価されました。時が経つにつれて、メーカーはターゲットオーディエンスのリーチを拡大しようと試みたので、彼は射出成形クロックスの特許を申請しました。

    整形外科医は、彼らが個々に足に適応し、いくつかの医学的利益を提供するという結論に達しました。また、このスタイルの下駄は、クロックスも特許を取得した通気性のある作業靴として推奨されています。彼女はまた、デザインと装飾要素の3つの証明書を持っています。同社は2006年にそれらを受け取り、2007年に登録を申請して個人名とクロックスのロゴを付けました。さらに、彼女は40以上の管轄区域にリクエストを送信し、靴だけでなく、時計、膝パッド、眼鏡、バッグ、スーツケース、およびいくつかの種類のオンラインストアなどの関連製品もリストに含めました。その過程で、同社は競合企業や関連企業も買収し、活動範囲を拡大しました。

    しかし、彼女の靴は普遍的に賞賛されておらず、多くの点で物議を醸しています。事実、一部の人々はまだクロックスに反対し、憤慨し、彼らが嫌な外見をしていると主張している。全体的な抗議運動さえあります。しかし、下駄は地面を失うことはなく、さまざまな種類と色で製造されています。 2021年までに、それらはすでに20色で、多くのスタイルと組み合わせで利用可能になりました。そして最も重要なのは、足が汗をかかないようにする特別な通気孔があります。しかし、このブランドのロゴの数ははるかに控えめです。ロゴは3つしかありません。

    2002 – 2006

    クロックスロゴ 2002-2006

    デビューエンブレムは緑のワニで構成されていました。碑文の左側にあり、遊び心のある大文字で作られています。文字は黒で、中央に細い白のストライプがあります。彼女は彼らの曲がりくねった輪郭を繰り返し、シンボルをより見やすくし、それらにダイナミクスを追加しました。鋭い牙にもかかわらず、ワニは微笑んでいて気さくに見えました。右側には、会社名の下に「GetaGrip」というスローガンがありました。ワニのイメージは、「オールテレーン」ブランドの靴を強調するために意図的に使用されました。彼女は、この両生類のように、陸と水の両方に完全に適応しています。

    2006 – 2019

    クロックスロゴ 2006-2019

    再設計後、ワニの見た目が少し変わりました。彼の鋭い歯とスパイクは消え、彼の目は伸びずに丸くなり、それが彼の良い性格を増した。動物は黒い背景に円を描くように描かれ、ダブルストロークが与えられました。口頭の部分は以下の通りです。彼女にはセリフがなく、小文字でした。文字は丸くて少しかさばっているように見え、その端はクロックスのブランドが表す象徴的な靴の前面に響き渡っていました。

    2019–現在

    クロックスロゴ2019

    現在のバージョンでは、伝説のワニが保存されていますが、ワニに似た象徴的な形で描かれています。靴の前面は長いワニの鼻のような形をしており、鼻孔のように見える2つの小さな穴があります。動物の目は対照的な色のわずかに大きな点で描かれ、高い尾根に位置しています。形状では、これらの突起は脚が押し込まれる詰まり穴を形成します。ブランド名は前のロゴのスタイルで作られています。変更されていません。

    エンブレムフォントと色

    コーポレートアイデンティティのすべての変化は、ワニのイメージを現実的なものから抽象的なものに劣化させることです。初期のロゴで動物の頭と胴体が描かれている場合、後のバージョンでは頭だけが描かれています。解剖学的詳細も示されなくなりました-ワニはその輪郭によってのみ認識できます。さらに、時が経つにつれ、会社の名前は一般的な名前になり、それが生産する靴に広まりました。したがって、バイヤーはそのような下駄をクロックスと呼びます。

    エンブレムのレタリングは、太字で幅の広い文字を使用したGothamRoundedBold書体に基づいています。 端では、それらはカットされていませんが、ブランドの靴の前面に似ている丸みを帯びています。 別のオプションは、AG Book Rounded BQ-Boldフォントです。これも、企業のレタリングスタイルに近いものです。

    エンブレムの色は同じです。 最初は黒に加えて緑があったのですが、今はなくなっています。 黒と白だけが残った。